sample_img_sジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、「20代の消費行動調査」を実施した(ネットリサーチサービス「Fastask」を利用)。

家族や親族名義の家に同居している人や賃貸物件などに住んでいる20代男性への“持ち家所有意欲”についての調査では、「自身名義で、家を持ちたい」人は53.2%、「自身と配偶者の共同名義で、家を持ちたい」人は8.4%で、6割超が「将来は家を持ちたい」と回答した。また、20代男性で腕時計に「こだわりがある」「どちらかといえばこだわりがある」と答えた人は38.2%で、そのうちの60.0%が「自身のセンスを表すもの」、46.7%が「自身のステータスを表すもの」と考えていることが分かった。さらに、20代の男女の4人に1人は「家電や家具はまだ使える状態でも、新たに購入している」ことも分かった。

20代女性については、年末年始や誕生日などの節目に、自分自身にご褒美をあげたことがある人は67.5%という結果に。そのご褒美の内容で最も多かったのは「洋服を購入」41.9%、「食べ物・飲料を購入」39.3%、「バッグを購入」34.5%だった。さらに、20代の約2割(18.5%)が、今後1年間に「海外旅行を計画中」で、国内旅行を含めると69.1%が旅行に行く予定を立てていることが分かった。また、自分自身に投資したいこととして「貯金」と回答する人が最も多く(49.0%)、続いて「趣味」(45.7%)と「旅行」(43.2%)があがった。20代は“モノ消費”だけでなく、“コト消費”にも積極的なようだ。

最後に、10年後に自分はどうなっていたいか聞いたところ、20代男性は「年収が多い人」(31.4%)、20代女性は「見た目が若々しい人」(37.8%)が最も多い回答だった。その他には「夢中になれる趣味を持っている人」(男性:30.3%、女性:33.6%)、「知識が豊富な人」(男性:30.9% 女性:31.6%)が上位にあがった。

■調査の実施概要
□調査名 :『20代の消費行動調査』
□調査期間 :2016年9月23日(金)~9月24日(土)

●関連記事
全国の女性1700人に「女性の消費行動・ライフスタイル意識調査」を実施
結婚の理想と現実に関する調査を実施。結婚相手の理想の年収は?
住宅購入に関する意識調査を実施。「不動産は買い時」と回答した人は増加。

おすすめ記事