この記事は、約3分で読めます

住宅購入や家づくりにおいて、特に自炊派の方にとって、キッチンのレイアウトは重要です。調理の場であることはもちろん、コミュニケーションの場であり、お子様の教育の場になることもあります。ここでは、主だったキッチンの配置をご紹介しましょう。

アイランド型キッチン

その名の通り、キッチンがアイランド=島のように独立しているキッチンのこと。家族や友人とキッチンを囲みながら、わいわいと料理をするのにぴったりです。視線を遮るものがないので開放感がありますし、回遊しやすく、家事動線も良いでしょう。
広いスペースがないと設置が難しいこと、散らかっていると目立ってしまうこと、ニオイが家中に広がりやすいことなどがデメリットに挙げられます。また、回遊がしやすいということは、お子様が走り回りやすいということでもあり、「やんちゃな子どもがぶつかってきたら危険かも……」という心配をされる方も。

写真はイメージです。
写真:アイランド型キッチン

 

ペニンシュラ型キッチン

間取りの制約を受けがちなアイランドキッチンと比較して、片側が壁についていることで設置がしやすく、換気扇の種類も豊富な中から選べるので、多くの家で採用されています。一般的な「対面キッチン」と言えばこちらを差す場合が多いでしょう。アイランドキッチンほどの存在感や回遊性はありませんが、価格面では少し抑えめになります。

ペニンシュラ型キッチン
写真:ペニンシュラ型キッチン
こちらのキッチンは埼玉県加須市・Iさん宅の「住宅購入者ストーリー」で紹介しています。詳しくはこちら

 

オープン型(壁付)キッチン

配膳がしやすく動線がスムーズ。かつ、狭小住宅でも無理なく、抑えた価格で設置できます。リビングダイニングの気配を感じながら調理ができますが、背中を向ける形になるので「子どもからひと時も目を離せない」という状況の方は注意が必要です。また、散らかっていると目に入りやすいので、こまめな掃除や片付けが必要になるでしょう。

オープン型(壁付)キッチン
写真:オープン型(壁付)キッチン
こちらのキッチンは東京都・Kさん宅の「住宅購入者ストーリー」はで紹介しています。詳しくはこちら

 

セミオープン型キッチン

ペニンシュラ型キッチン同様に人気の高いキッチン。コンロとシンクが一直線に並んでいるので、一部に壁を立ち上げることになります。対面キッチンのメリットはそのままに、手元が隠しやすいので、使い勝手が良いでしょう。ペニンシュラ型よりもコストを抑えて施工することができます。

セミオープン型キッチン
写真:セミオープン型キッチン
こちらのキッチンは横浜市都筑区・Yさん「住宅購入者ストーリー」で紹介しています。詳しくはこちら

 

クローズドキッチン

キッチン全体が一つの居室のようになっている、完全に独立したキッチンのこと。散らかっていても人目に付きにくく、油ハネやニオイがリビングに充満する心配がないので根強い人気があります。ダイニングと距離ができるので、配膳に多少手間が掛かる、子育て世帯にとっては、お子様を見守りながらの調理がしづらい、夏場は熱気がこもりやすいといった面に注意しましょう。

クローズドキッチン
写真:クローズドキッチン
こちらのキッチンは世田谷区・Tさんの「住宅購入者ストーリー」で紹介しています。詳しくはこちら

 

セミクローズ型キッチン

クローズドキッチンとオープンキッチンの中間に位置するキッチン。調理に専念しやすく、多少散らかっていてもリビングダイニングから見えにくいですし、ニオイも広がりません。リビングダイニングでの繋がりを持ちながら、独立性も保ちたい方にお薦めです。

セミクローズ型キッチン
写真:セミクローズ型キッチン
こちらのキッチンは横須賀市・Nさん宅の「住宅購入者ストーリー」で紹介しています。詳しくはこちら

いかがでしたか? この他にも、コンロとシンクで二つに分かれたセパレートキッチンなど、さまざまなバリエーションがあります。自分の使い勝手だけでなく、家族のライフスタイルや将来設計も踏まえて、ベストなキッチンを選んでくださいね。

(text 斎藤若菜)

●関連記事
ライフスタイルによって最適な部屋の向きは異なる! あなたはどのタイプ?
100均グッズで賢く収納! 格安収納術
初心者でも気軽にできる! はじめてのDIY

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
斎藤若菜 住宅ライター

ラジオパーソナリティを経てフリーライターに。住宅・インテリア・不動産分野を中心として、介護・グルメ・トラベルなどのジャンルでも執筆。リフォームや注文住宅関連の住宅情報誌をはじめ、雑誌、書籍、新聞、インターネットなどのさまざまな媒体で取材・執筆を手掛けている。ARUHIマガジンでは、「住宅購入者ストーリー」などを担当中。

おすすめ記事