築30年の家が1000万円も高く売れた!?その秘密は?【PR】

こんにちは! 茅ヶ崎市在住の小野寺です。茅ヶ崎に来たらぜひ立ち寄ってほしいスポットについて紹介していきたいと思います。

今回は多国籍創作料理の「arecole cuisine クーカイ(アレコレ キュイジーヌ クーカイ)」です。 クーカイは茅ヶ崎駅の南口から雄三通りを進み、スーパーたまやの角を曲がった先にあります。夜にお店の前を通ると、いつもお客さんでにぎわっている様子がガラス越しに見えて、ついつい立ち寄りたくなります。

クーカイの店内にはおしゃれで遊び心のある小物や仕掛けがちりばめられていますので、店内に入った際はぜひ見まわしてみてくださいね。行くたびに何かが変わっているおもしろい料理店です。

夜の茅ヶ崎に輝くクーカイ。ガラス越しにお客さんの笑顔が見えます

種類豊富で、おいしくて、幸せになれる料理

あまりにおいしいベトナム風揚げ春巻き「チャーゾー」

「arecole cuisine クーカイ」という店名は、「あれこれいろいろな料理を楽しんでね!」という意味合いでつけられています。その名の通り、種類豊富なメニューがあるのでどれを選ぶか迷うことでしょう。

まずお店の大人気メニューとしては、冒頭の写真の「ずわい蟹とふわふわ玉子の炒飯」、通称「カニチャー」があります。マスターの三橋裕三さんが生み出したカニチャーはファンが多く、インスタに「#カニチャークラブ 」を付けて投稿されるほどの逸品です。

私の個人的なおすすめメニューは、ベトナム風揚げ春巻きの「チャーゾー」です。添えられた大葉やパクチーと一緒に食べると、パリッとした食感と共に中から肉のうまみが口の中に広がり幸せになれます。

行くたびにあれこれいろんな料理を試してみたいと思いながらも、結局この「チャーゾー」は必ず注文してしまいます。

料理のマスター、発信のマダム

クーカイのマスター(写真右)とマダム(写真左)

クーカイのマスターは、茅ヶ崎の魚屋さんの家に生まれました。
最初に就いた仕事は懐石料理屋の板前、その次に就いた仕事は無国籍料理店のメニュー開発をしていました。 この経歴からも、魚の目利き、包丁さばき、おいしい料理のリサーチや創作など、マスターが人気店をつくるスキルを持っていることがよくわかると思います。

加えて、クーカイを語る上でもう一人欠かせない存在なのがマダムのみぽりんさんです。
みぽりんさんはフロアを任されているだけでなく、SNSでの情報発信を精力的に行いながらクーカイのファンを増やしています。

SNSでクーカイのことを調べれば、マスターがつくった美しくておいしい料理をマダムが発信している様子がよくわかるので、ぜひ一度覗いてみてくださいね。

arecole cuisine クーカイ
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北 2-1-4 1階
TEL:0467-88-0805
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:水曜
駐車場:なし
公式HP http://www.qookai.com/
Twitter https://twitter.com/qookai1997
Facebook https://www.facebook.com/qookai1997/
Instagram https://www.instagram.com/qookai1997/
LINE@ @iqq7779u

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

【茅ヶ崎の地域レポーター記事はこちら】
【茅ヶ崎】新鮮な地魚が手に入るぜいたく。茅ヶ崎で人気の魚屋さん「魚卓」 

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事