こんにちは、ARUHIマガジン地域レポーターのかえでといいます。これから、気になる街のさまざまなスポットについて紹介していきたいと思います!
今回は「ひばりヶ丘」駅のほど近くにある、西東京いこいの森公園に行ってきました。
ひばりヶ丘駅は池袋駅から西武池袋線急行で約15分と、都心からのアクセスも便利。さらに、駅から公園まではバスで3分程度なので、遊びに行きやすい場所といえます。

西東京いこいの森公園

季節柄、公園前は紅葉がとてもきれいでした。春には桜も見られるようです
近くにはコインパーキングもあるので、車で来ても問題なし
なかなか見かけない長いベンチも

園内はボール広場やスケート広場、こども広場など用途別にスペースがあって、きれいに整備されています。この日は休日ということもあってファミリーが多くいました。

ハイキングコースがあるのでランニング中の人もいましたが、歩行者とコースが分かれているため小さなお子さんを連れての散歩も安心です。

森の中を散歩している気分に
公園の中心にある丘を起点に、ビオトープやバーベキュー広場、原っぱ広場、オブジェのある雑木林が広がっています

空が広く感じられる解放感のある空間

丘はとてもひらけていて、犬を散歩している人もチラホラと見かけました。晴れた日はレジャーシートを敷いて、ゆったりした時間を過ごすこともできそう。休日にお弁当を持ってきてランチするのも素敵だな…と妄想が広がります。

亀を発見!

ビオトープには亀が! ヤゴやゲンゴロウを見ることもできるそう。都内だとなかなかこのような場所がないので、ちょっとうれしいですね。

原っぱ広場には、バーベキューコーナーまでありました。機材レンタルと機材持ち込みのどちらかを選ぶことができます。事前予約が必要ですが、利用料は無料。地域の公園でバーベキューまで楽しめるなんて驚きです。しかも、無料で利用できるなんて、ちょっと太っ腹すぎませんか? 隠れバーベキュースポットとして、誰にも教えたくない気持ちになりました。

 

3月1日~11月30日までの期間、無料で利用できます(事前予約制)
めずらしいインコの散歩に遭遇!

この日はたまたま犬とインコを散歩させている近所の人が。そこに子連れファミリーが混じって、自然と交流が生まれているのも素敵でした。

飼い主の方が「子どもなら乗っても大丈夫」と背中に乗せてあげていました

犬と子ども、まさに憩い。いこいの森という名前にふさわしい写真が撮れてしまいました!

「住みやすい街」といってもさまざまな基準がありますが、住んでいる地域に一人ひとりが気兼ねなく過ごすことのできる公園があり、そのなかで自然と交流が生まれるのはかけがえのないものではないでしょうか。

ぜひ、「西東京いこいの森公園」の魅力を感じ取ってもらえたらうれしいです。個人的には息抜きに散歩したり、友人を集めてバーベキューをしたり、心躍るような週末の過ごし方が絵に描いたように目に浮かぶ、そんな公園でした。

西東京いこいの森公園
住所:東京都西東京市緑町3-2-5
アクセス:西武池袋線「ひばりが丘駅」下車、南口バス乗り場「武蔵境駅行き(谷戸経由)」または「田無駅行き(谷戸経由)」で「谷戸小学校」下車
http://nishitokyoparks.com/ikoinomori/

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事