初めてでも安心!住宅購入ガイド

「マイホームが欲しいと思ったはいいけれども、まずは何をしたらいいの?」
このページではそんな疑問に答えます。
物件を探して購入~入居するまでの基本的な流れと、
注意すべきポイントをチェックしましょう。

「マイホームが欲しいと思ったはいいけれども、まずは何をしたらいいの?」 このページではそんな疑問に答えます。 物件を探して購入~入居するまでの基本的な流れと、 注意すべきポイントをチェックしましょう。

STEP3
物件情報を収集しながら、信頼できる不動産会社を選ぶ

多くの物件情報は、各種インターネットサイトで閲覧することが可能です。まずは気になる物件を探し、信頼のおける会社や人に仲介をしてもらいながら、見学や購入の検討をすると良いでしょう。

多くの物件情報は、各種インターネットサイトで閲覧することが可能です。まずは気になる物件を探し、信頼のおける会社や人に仲介をしてもらいながら、見学や購入の検討をすると良いでしょう。

物件情報は業者間流通システムで一括管理されている

予算の目途が付いたら、エリアや最寄り駅、土地・建物などの物件種別、物件の価格帯、広さなど、希望する条件にマッチした物件を探しましょう。インターネットや住宅情報誌をチェックしたり、不動産会社へ足を運んだりと、様々な方法で物件探しを進めてみましょう。
現在ほとんどの物件は、REINS(※レインズ。不動産会社だけが利用でき、物件検索ができる業者間流通システム(正式名称:不動産流通標準情報システム)により一括管理されていますので、誰も気づいていない“掘り出し物の物件”を見つけたいと思っても、なかなか難しいのが現状です。レインズに掲載される直前の物件に行き当たるケースがあったら、かなり幸運なケースと言えるでしょう。「たくさんの不動産会社を回っても、同じような情報しか得られなかった」という声が多いのはこのためです。

物件探しや相場の把握はインターネット検索が便利

まずは、自分が検索しやすいと感じたインターネットサイトなどで購入条件に合った物件を検索してみましょう。また、国土交通省による「土地総合情報システム」で不動産の取引価格情報をチェックすれば、予算内でどんな物件が買えるのか目安が分かるので参考になります。また、住宅価格の相場も大手ポータルサイトなどがエリアや沿線毎に情報を掲載しているのでそちらも参考にしてみると良いと思います。
気になる物件を見つけたら、信頼できる不動産会社に問い合わせて間に入って貰うことで、円滑な家探しができるでしょう。

信頼できる不動産会社や担当者を探す際のポイント

安心してお任せできる不動産会社・担当者はどのように探せばよいのか。お困りの方は、不動産だけではなく生涯収支にも造詣がある方に注目してみると良いでしょう。具体的には、ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、もしくは日本FP協会が主催する資格であるAFPを持っているかが一つの基準として参考にしてみましょう。相続などが絡む場合は、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級や、AFPの上級資格であるCFPも取得している方にお願いできると、より安心です。
その他にも、ホームインスペクター資格試験や建築士の資格がある方など、建物の知識がある方からも意見を仰ぎましょう。金融系の資格と建物に関する資格を両方取得している会社や担当者に出会えれば、トータルで物件を見てもらえるので万全です。
不動産会社の自社ホームページに取得資格を書いている会社さんも多いので、気になる会社を見つけたら担当者をチェックし、指名してみてはいかがでしょうか。良い会社でも、最終的には自分の担当となった方の裁量次第となるケースが多いので、自分と合った方と出会うことが大切です。

記事監修者プロフィール 株式会社さくら事務所
不動産コンサルタントの田中歩さん
各種コンサルティング業務を切り口に、不動産売買・活用・ファイナンスなどの業務に長年従事してきた不動産のプロフェッショナル。 「不動産コンサルティングマスター」「1級ファイナンシャルプランニング技師」「宅地建物取引士」などの資格を持ち、 日本ホームインスペクターズ協会の理事も務める。 2014年11月からさくら事務所の執行役員として、不動産コンサルティング事業の企画運営に参画している。