この記事は、約4分で読めます

転職間もない時期でもキャリアアップの転職で、「返済能力に問題がない」と認められれば住宅ローンを借り入れることができるケースは多いですが、いくらキャリアアップの転職でも転職回数が多い場合には、総合的に見て審査に通らないこともあり得ます。一方で、転職回数が多くても3年以上勤めていれば審査に通ることもあります。

転職回数が多くて問題があるケース

まず、住宅ローンの審査において、「転職回数が多い」という条件だけで審査が通らない、ということはありません。住宅ローンの審査では、物件審査とならんで、「人」の審査が非常に重視されます。「人」の審査では、年収や他の借入状況、勤務先や年齢などから、「長期的に最後まで、問題なく返済可能であるかどうか」がポイントです。

したがって、転職回数が多く、さらに「それぞれの業種に関連性がなくそれぞれ短い期間しか働いていない」、「収入が少ない」、「比較的年齢が高い」、「資格を活かした転職というわけではなく、これといった明確な転職理由が見当たらない」、などの点が重なると審査が厳しくなります。結果、借入審査そのものにパスできない、あるいは希望金額が借りられない可能性が非常に高いといえます。

参考:転職したてでも申込み可能の住宅ローン。ARUHIフラットのメリットとは

ちなみに、民間金融機関では、「勤続年数が2~3年あること」を融資条件に挙げていることが多く、この期間を満たしていない場合には、「職歴書」の提出を求められます。職歴書でヘッドハンティングやキャリアアップ、資格を活かした転職など積極的な理由が確認できないと、将来の収入が安定しにくいと判断されて総合的判断の中ではマイナスに働きますので、「職歴書」でのアピールも非常に大切と言えるでしょう。

転職回数が多くても問題がないケース

逆に、転職回数が多くても全く問題がないケースはどんなときでしょうか?
前述にもあるように、多くの金融機関が「勤続年数が2~3年あること」を条件としているので、転職後、2年あるいは3年以上経っているかがポイントとなります。基準以上の期間同じ会社に勤めていれば職歴書を出す必要はないので、それ以前に転職を何回しているかは問われません。その他の収入要件や物件要件などの要件を満たしていれば、借入可能になるケースが多いといえるでしょう。

勤続年数や年収だけじゃない!? 分割払いや延滞にもご用心!

仮に、転職回数が多いことや転職後間もない条件が審査でクリアーされても、あくまで住宅ローンの借入審査は総合的に考えられるものです。その他にも、使っていないクレジットカードをたくさん持っていないか、携帯電話やスマートフォンの端末代金を分割払いにしていないか、通話料金を延滞していないか、などにも注意を払っておく必要があります。

というのも、近年、携帯電話やスマートフォンの端末代金は通話料金と一緒に分割払いで請求が来る場合が多く、そのようなケースでは、端末代金の分割払いがクレジット契約として個人信用情報機関に登録されています。

例えば、家族全員の携帯電話やスマートフォンの代金を世帯主名義でまとめて分割払いにしていると、その分、クレジット契約での支払金額が多くなり、住宅ローンで借り入れできる金額が減額されるケースも出てくるのです。さらに、端末代金をクレジット契約をしていたケースで通話料金を延滞していた場合には、個人信用情報に延滞記録が記載されるため、借り入れができない、という事態も考えられます。注意が必要ですね。

また、クレジットカードを多く持っているケースも注意が必要です。住宅ローンの審査では、たとえ、クレジット機能を使っていなくても、利用枠が残っているだけで「将来、借りる可能性がある」と判断されるため、その分、借入可能額が減額されてしまうのです。

転職回数が多くて不安、というときは・・・

まず、銀行や信用金庫などの民間が取り扱う住宅ローンでは一般的に、「勤続年数が2~3年あること」が融資条件に挙げられているので、要件を満たすまでは同じ会社で仕事を続け、同時に頭金をしっかり貯める、というのが一番効果的です。あるいは、キャリアアップの転職である、収入が増えているなど継続的に無理なく返済できることがアピールできるのであれば、金融機関に打診した上で職歴書とともに申し込みとすることも考えられます。

なお、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携する【フラット35】では収入要件はありますが、一般的には「勤続●年以上」という勤続年数要件はなく、1ヶ月分の給与があれば申し込みができます。したがって、不安がある人は、【フラット35】を検討してみてもいいでしょう。もちろん、【フラット35】では、収入を証明する書類が必要となるため、申し込みの際には、勤務先に「転職後の収入を証明する書類」を作成してもらうことで、転職後の収入を考慮してもらうことも可能ですので覚えておきたいものですね。

以上のように、転職回数が多いことのみを理由として融資が受けられないということは少ないといえますが、よほどのキャリアアップでない限り、転職回数が多いと一般的には収入が安定しないことが予想されます。「審査に通るか?」だけでなく、審査に通った後に、住宅ローンの返済を続けつつも自分の望む生活をどう実現していくか、という点にも意識を向けつつ、いつどんな住宅を購入するのか、住宅取得プラン、資金計画を考えましょう。

最新金利での住宅ローンシミュレーション【無料】はこちら>>

関連記事

住宅ローン情報

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
金子千春 ファイナンシャル・プランナー

千春コンサルティング事務所 代表
ファイナンシャル・プランナー(CFP)、1級ファイナンシャル技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー

新生銀行を経て2004年より独立。ライフプランや住宅ローンセミナー、個別相談、宅建講師、企業の従業員向け投資教育、小中学校や児童館での金銭教育など、「知らないで損をする」ことのないようにという観点から、講師や執筆を中心に活動中。

おすすめ記事
"