この記事は、約1分で読めます

日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」を運営するベビカム株式会社は、妊活中、妊娠中、育児中の685人を対象に「2017年、一番欲しい家電製品」についてのアンケートを実施した。

掃除機やオーブンレンジ、洗濯機、オーディオ機器をはじめ、17の家電製品の中から選ばれた「一番欲しい家電」の第1位は、「掃除機」13%だった。「布団にもかけられる掃除機がほしい。子どもが小さく、布団やソファ、カーペットの上で過ごすことが多いので、できるだけ清潔に保ってあげたい」(29歳女性、お子さん0歳)など、子どものために家を清潔に保ちたいという母親ならではの思いが反映された結果となった。

第2位は「カメラ・ビデオカメラ」9%。「数年前のデジカメは持っているが、子どもも生まれたので機能が豊富なものに買い換えたい」(29歳女性、お子さん0歳)など妊娠、出産を機に買い替えを検討しているというコメントが多くみられた。第3位は「空気清浄機」となっており、「子どもがアレルギー等にならないように、日頃生活する環境はなるべく良いものにしてあげたいから」(28歳女性、妊娠8ヶ月)など、子どもや家族の健康などを考えて、購入を検討している人が多いことも分かった。

自由回答形式で実施された「欲しい家電製品の商品名」についての調査結果は、アイロボットの「ルンバ」が最多となった。多忙な妊娠中、育児中の女性にとって、ロボット掃除機は魅力的に映っていることが分かる。さらに「妊活を始めてからは尚更アレルギーに関して敏感になったので、ダイソン商品の吸引力や、羽のない扇風機などに、大きな魅力を感じている」(24歳女性)など、妊活や妊娠出産、育児を機に、家電選びへの考え方が変化したというコメントが目立った。さらに、「カタログのスペックだけを信用せずに実際に触ったり、普段使うときのイメージを踏まえて購入を考えないといけない」(38歳女性、お子さん1歳)など、慎重に吟味して家電選びをしている方が多いことも窺える結果となった。

詳しい調査内容についてはサイトへ【http://www.babycome.ne.jp/research/marketing/

■調査概要
□調査方法:妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査(インターネットのフォームより回答)
□調査対象:妊活中、妊娠中、育児中の方
□実施期間:2016年12月9日~12月19日実施
□有効回答数:685件

ニュース参照元:PR TIMES
ニュース情報元:ベビカム調査隊

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事