この記事は、約1分で読めます

式会社宝島社が発行する月刊誌「田舎暮らしの本」の2月号(2016年12月29日発売)で、「2017年版 住みたい田舎ベストランキング」が発表された。2012年にスターしたこのランキングは、定住促進に積極的な市町村を対象にアンケートを行い、田舎暮らしの魅力を数値化してランキング形式で紹介するもの。
第5回目となる今回は、500 の市町村から回答があった。10ジャンル82項目の総合アンケートと、若者世代・子育て世代・シニア世代という世代別の住みやすさを測る79 項目のアンケートが実施され、「総合部門」「若者世代部門」「子育て世代部門」「シニア世代部門」のランキングが発表された。

02takarajima

「総合部門」では、鳥取県鳥取市が1 位を獲得。自然が豊かで暮らしやすく、幅広い世代を応援する施策が充実していることから、昨年の9位から一気に順位を上げ初の1位となった。深澤義彦鳥取市長は、「今回の1位は、市民が『自分たちのまちは素晴らしい』と気づく絶好の機会となりました」とメッセージを寄せた。平成30年4月には中核市となり市民サービスがさらに向上、市を挙げて移住定住とシティーセールスに力を入れていくとしている。

「若者世代部門」「子育て世代部門」では、栃木県栃木市が1位を獲得。2冠を達成した。幼稚園・保育園から高校までの学校も多いため、子育て世代には安心感が強く、情報を発信する若者も集まりはじめている。鈴木俊美栃木市長は、高齢者も安心して住める「まちなか定住」や、郊外の空き家を若い世代などに活用してもらう「空き家バンク」に触れ、「どの世代も住みやすい街づくりが評価された今回の結果はうれしいです」とメッセージを寄せた。

「シニア世代部門」では、「2013 年版 住みたい田舎ランキング」で初代1位に輝いた大分県豊後高田市が1位を獲得。行き届いた支援策もあり、世代を問わず多くの移住者が定着しているが、特にシニア世代の移住者が29人と多く、1位を獲得した。永松博文豊後高田市長は、玉津プラチナ通りなど、シニアも楽しんで暮らせる町づくりを進めてきたことを紹介し、「自然に恵まれ、人の温かさを感じられる豊後高田市を訪ねてみてください。あなたのかなえたい夢を全力で応援します」とメッセージを寄せた。

「田舎暮らしの本」2月号の本誌では、総合部門51位、若者世代部門25位、子育て世代部門19位、シニア世代部門20位までのランキングが紹介されている。

ニュース参照元:PR TIMES
ニュース情報元:宝島社「田舎暮らしの本」

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事