この記事は1分で読めます

600万人以上が利用する日本最大級のオンライン家計簿「Zaim」を運営する株式会社 Zaimが、「家計と健康」をテーマに「節約とダイエット」に関する調査を実施した。その結果、「節約意識がある人」のダイエット成功率は約33%、「節約意識していない人」の成功率は約16%と、節約意識がある人の方が2倍以上の確率でダイエットに成功していることが分かった。

0109-1

「普段、節約を意識していますか」という質問では、節約を「意識している」「どちらかといえばしている」と回答した人は全体の約71%だった。節約した金額で最も多かったのは「5,000 円~10,000円」、次に「10,000円~15,000円」となり、ちょっとした日々の心掛けで節約できる金額を挙げる人が多かった。また、節約の工夫としては「お弁当を作る」といった行動のほか、「毎日体重計に乗り記録をとる」といった記録行動を挙げる人が多いという特徴があった。
「普段、ダイエットを意識していますか」という質問では、「意識している」「どちらかといえばしている」と回答した人は全体の約49%だった。減らしたいと思う体重については、「1kg〜3kg」と「3kg〜5kg」がともに26%で最多となった。また、具体的なダイエット方法については「レコーディング」と「毎日体重計に乗り記録をとる」という回答が多く見られた。

 0109-2

「現在の家計と体型に満足していますか」という質問では、節約意識のある人とない人の「家計」と「体型」への満足度がそれぞれ比較された。結果はいずれも節約意識のある人の方が高くなったことから、毎日コツコツと家計簿をつけることは、節約とダイエットともに効果があるとか考えられる。

今回の調査で、節約意識のある人ほどダイエットの成功率が高くなるという関連性があることが見て取れた。また、節約とダイエットの具体的な方法として、「必要なものを把握する、メモする」「レコーディングをする」「毎日体重計に乗り記録をとる」といった記録に関する内容が挙がったことから、まずは日々の実態を把握・記録することが重要だと考えている人が多いことが予想される。
管理栄養士で日本アンチエイジングダイエット協会理事の伊達友美氏は「家計もカラダもメリハリをつけたバランスが肝心。付けるところ、落とすところのチェックは“レコーディング”が効果的」と記録行動の重要性を指摘している。また、節約アドバイザーの丸山晴美氏は、「家計の見直しは、自分の生活改善につながることは間違いない。節約と身体それぞれにメリットをもたらす」とコメントしている。

■調査概要
□調査期間:2016年9月1日(木)〜9月21日(水)
□調査対象:「Zaim」利用者 男女1,160名
□調査手法:インターネット調査

ランキングの詳しい内容はこちら【http://mansion-market.com/sapuri/2016_mansionprice/

ニュース情報元:「家計と健康」の調査結果

おすすめ記事
"