お子様たちがのびのびと暮らせる住まいを求め、注文住宅を建てることになったSさん。建築条件付きの土地を購入した経緯や家づくり、住宅ローンの返済計画、現在の暮らしまで、思いのたけを語っていただきました。

■プロフィール
名前・性別 Sさん 男性
年代(購入時) 30代後半
職業・業種 調理師・サービス業
雇用形態・年収 正社員・300~400万円
家族構成 夫婦+子ども2 人
勤務地・通勤時間 新潟県新潟市中央区・自動車40分
社会人歴・転職回数 19年・0回
勤務先の社歴(ローン実行時) 19年
■購入物件情報
物件所在地 新潟県新潟市秋葉区
アクセス JR信越本線「荻川」駅 10分
物件種別・間取り 新築注文戸建・4LDK+S
購入価格
頭金
2,500万円(別途現金で土地1,000万円)
1,200万円
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】S)
住宅ローン 返済額
返済期間
月3万5,000円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 新潟県新潟市秋葉区
購入前の家賃・間取り 6万円(駐車場代込み) 2DK

2人目のお子様誕生を控え、マイホーム購入を決意

妻との結婚を前提に2人で物件を探し、JR信越本線「荻川」駅から徒歩5分程度のアパートへ引っ越し。5年ほど暮らしました。住み心地がよく快適な毎日でしたが、長男が生まれて2年、長女の妊娠が分かった頃から、音の問題が気になるようになりました。2階で暮らしていたのですが、長男の声や足音が響くようになり、苦情こそなかったものの気を遣いましたね。収納スペースや浴室が手狭に感じ始めていたこともあり、マイホームの購入を考えるようになりました。

植栽は全てSさんたちが自らの手で植え、レンガも敷設したそう。「一度レンガを敷いたのですが、隙間からスギナが生えて、繁殖してしまいました。一番強力で除草剤も効かなかったため、一旦一度レンガを撤去。何ヶ月もかけて地面を掘り起こして根絶しました。今後は奥のスペースにもレンガを敷き、植栽も増やして雑木林のようにしたいと思っています」。
植栽は全てSさんたちが自らの手で植え、レンガも敷設したそう。「一度レンガを敷いたのですが、隙間からスギナが生えて、繁殖してしまいました。一番強力で除草剤も効かなかったため、一旦一度レンガを撤去。何ヶ月もかけて地面を掘り起こして根絶しました。今後は奥のスペースにもレンガを敷き、植栽も増やして雑木林のようにしたいと思っています」。

 

完成したばかりの小学校に近い建築条件付き土地を購入

ちょうどその頃、近所に新しく小学校が完成。その学区内を中心とした近所を歩いて回り「ここがいいな」と思う土地をチェックしました。そこで気になる区画を発見。北側道路を挟んで貯水池が広がっているため、周囲に高い建物が建つ心配がありません。スーパーやコンビニ、各種医療機関も徒歩圏内。土地の広さも50坪少々と十分。小学校までは徒歩5分の立地で「ここしかない」と思いました。
しばらくして、ポストにお目当ての土地のチラシが入ったため、早速連絡。建築条件付きの土地でしたので、購入と同時に工務店も決定しました。

大工に依頼をして、ウッドデッキを設置。「天気のいい日は子どもたちの遊び場にできるように、広めに作って貰いました」。
大工に依頼をして、ウッドデッキを設置。「天気のいい日は子どもたちの遊び場にできるように、広めに作って貰いました」。

 

土地と建物を合わせた購入予算と照らし合わせて

当初、土地+建物の購入予算は3,300万円を上限に考えていました。事前審査で2,100万円まで借入可能だと聞いていましたので、手元の現金1,200万円と合わせた額を総予算とした訳です。妻がやりくり上手で、頭金をしっかり貯めていてくれて助かりましたね。
逆算をして、土地は坪10~15万円程度で考えていたのですが、購入した土地はそれよりも若干高額なエリアで、1,000万円掛かりました。200万円ほど予算をオーバーしていましたが、妻の両親が1,000万円を貸してくれることになり、購入を決定。現在は少しずつ返済中です。

階段下のスペースを活用して外収納を設置。お子様の自転車の他、雪が降るエリアなので、スコップやスタッドレスタイヤもしまっている。
階段下のスペースを活用して外収納を設置。お子様の自転車の他、雪が降るエリアなので、スコップやスタッドレスタイヤもしまっている。

 

住宅ローン契約から2年で借り換えを実行

住宅ローンは、工務店さんが薦めてくれたアルヒ株式会社に依頼。【フラット35】なら審査が通りやすいと聞いていましたし、住宅ローンの話が出た際、ちょうど工務店にアルヒさんが来ていたんです。その場で話を伺うことができ、スムーズに審査を進めることができました。
借り入れ後は、住宅ローン金利の動向を常にチェックしていました。アルヒさんからいただくメールも参考にしながら、借り換えのタイミングを模索。2年ほど経った今年4月に、借り換えを決めました。手続きが間に合わず翌月の実行になってしまったのですが、結果的には更に金利が下がってラッキーでしたね。割とよいタイミングで借り換えができたと思います。月々の返済額にして2,000円ほど、トータルで120万円ほど残債を減らすことができました。

屋根裏収納には、アパート時代に飼育していたハムスターの飼育道具などをしまっている。「子どもが大きくなったら、ここを遊び場にしてもいいなと思っています」。
屋根裏収納には、アパート時代に飼育していたハムスターの飼育道具などをしまっている。「子どもが大きくなったら、ここを遊び場にしてもいいなと思っています」。

 

広々としたリビングで過ごす快適な時間

家づくりは、工務店が作成してくれたプランをベースにしつつ、いくつかの希望を反映してもらいました。主だったところでは、リビングを広くしてもらったことと、屋根裏部屋を作って欲しいと頼んだこと。工務店さんが建てた家を見学した時、屋根裏部屋を見て「我が家でも取り入れたい」と思ったんです。また、駐車スペースは将来子どもたちが使うことも想定し、4台分を確保してもらいました。
完成した住まいは、4LDK+屋根裏部屋という間取り。リビングで寛ぎながら、隣接する和室で遊ぶ子どもの様子を見守れる配置なので暮らしやすいです。誰よりもマイホームでの暮らしを望んでいた妻が喜んでくれて「家を建てて良かった」と思いました。

リビングに隣接する和室は、お子様の遊び場に。「畳の空間が欲しいと思いお願いしました。収納スペースをかなり大きく取り、子どものおもちゃや大事な書類など、すっきりとしまえます」。
リビングに隣接する和室は、お子様の遊び場に。「畳の空間が欲しいと思いお願いしました。収納スペースをかなり大きく取り、子どものおもちゃや大事な書類など、すっきりとしまえます」。

 

子どもも大人ものびのびと過ごせる住まい

引っ越して以来、子どもたちが家の中ではしゃぎ回っていても、「ご近所に迷惑が掛からないか」とドキドキすることがなくなりました。スペースにゆとりがあるので、子どもも大人ものびのびと過ごせます。実家で暮らしていた頃から熱帯魚を飼っているのですが、リビングに大きな水槽を置く余裕もできました。眺めていると心が癒されますね。
今後太陽光パネルを設置する可能性を考えて、屋根形状は片流れをオーダーしました。余裕ができたら太陽光パネルを搭載して、エコな暮らしも実現したいですね。

外壁は当初窯業系を採用する予定だったが、メンテナンスコストを考慮してガルバリウムに変更。「ご近所さんは、築7年程度で塗り替えを行ったと聞いて決断。10万円ほど追加料金が掛かりましたが、後々手入れがラクになればいいなと思います」。
外壁は当初窯業系を採用する予定だったが、メンテナンスコストを考慮してガルバリウムに変更。「ご近所さんは、築7年程度で塗り替えを行ったと聞いて決断。10万円ほど追加料金が掛かりましたが、後々手入れがラクになればいいなと思います」。
●関連記事

●カンタンな質問でおススメ物件診断

おすすめ記事