一般社団法人リノベーション住宅推進協議会は、2016年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」を開催。12月15日(木)に東京大学本郷キャンパス内で授賞式および審査員による講評会を行い、総合グランプリ、部門別最優秀作品賞、審査員特別賞を発表した。

総合グランプリ:『アーケードハウス』(株式会社タムタムデザイン)
総合グランプリ:『アーケードハウス』(株式会社タムタムデザイン)

一般社団法人リノベーション住宅推進協議会は、2016年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」を開催。12月15日(木)に東京大学本郷キャンパス内で授賞式および審査員による講評会を行い、総合グランプリ、部門別最優秀作品賞、審査員特別賞を発表した。

今回のコンテストでは、消費者にとって関心の高い施工費別に、「500万円未満部門」「800万円未満部門」「800万円以上部門」「無差別級部門」の4部門が設置され、全国から計161作品のエントリーがあった。選考では、リノベーションの楽しさ・魅力・可能性という点にフォーカスし、SNSを活用した一次審査で51作品をノミネート選出。その後、選考委員による最終審査によって「総合グランプリ」1点、「部門別最優秀作品賞」4点、「特別賞」8点を決定した。

総合グランプリを受賞したのは、『アーケードハウス』(株式会社タムタムデザイン)。審査員に大きな衝撃を与えたという作品は、衰退した商店街で空き屋になった店舗を、「店」からではなく「住」から再生させるという、今までにないアイデアだ。
800万円未満部門最優秀作品の『“高品質低空飛行”に暮らす家〈暮らしかた冒険家 札幌の家〉』(棟晶株式会社)と800万円以上部門最優秀作品の『三角屋根のブロック造の家』(株式会社スロウル)は、どちらも北海道からのエントリー作品。いずれも断熱・気密の性能を大幅に向上させ、クライアントの快適性だけではなく、エネルギー問題・地球環境問題に対する既存住宅からの回答となっている。

部門別最優秀作品賞<800万円未満部門>:『 “高品質低空飛行”に暮らす家〈暮らしかた冒険家 札幌の家〉』棟晶株式会社
部門別最優秀作品賞<800万円未満部門>:『 “高品質低空飛行”に暮らす家〈暮らしかた冒険家 札幌の家〉』棟晶株式会社
部門別最優秀作品賞<800万円以上部門>:『三角屋根のブロック造の家』株式会社スロウル
部門別最優秀作品賞<800万円以上部門>:『三角屋根のブロック造の家』株式会社スロウル

また、無差別級に多数エントリーされたコンバージョン事例の中で最優秀を勝ち取ったのは『カフェ&お宿「シーナと一平」』(株式会社ブルースタジオ)。街の銭湯をお風呂、飲食店をレストラン、「シーナと一平」をダイニングキッチンとベッドルームと見立てた、街全体がひとつの宿というコンセプトの作品だ。

部門別最優秀作品賞<無差別級部門>:『カフェ&お宿「シーナと一平」』株式会社ブルースタジオ
部門別最優秀作品賞<無差別級部門>:『カフェ&お宿「シーナと一平」』株式会社ブルースタジオ

審査委員長の島原万丈氏は、講評で「4回目を向かえるリノベーション・オブ・ザ・イヤー2016の総括としては、リノベーションが進むべき未来と、リノベーションによって拓かれる未来の可能性を明るく照らしたコンテストであった」としている。

調査結果の詳細はサイトへ 
http://www.renovation.or.jp/oftheyear/2016/royresult.html

ニュース参照元:PR TIMES
ニュース情報元:リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"