この記事は、約4分で読めます

マイホーム購入という“一国一城の主”になるべく、若い頃からコツコツと貯金をしてきたという人もいるでしょう。しかし頭金ができて、「いざ!」となっても、大きな買い物なだけにお金以外にもいろいろと苦労することもあるでしょう。そこで今回は「マイホーム購入時に大変だったことは何か」について、住宅購入経験者100人に聞いてみました。

住宅購入の際に、苦労したことや大変だったことなどのエピソードを教えてください。

【回答数】
第1位:住宅ローンなどお金の工面:47
第2位:希望の条件に合う物件や土地がなかったこと:18
第3位:不動産に関する知識がなかったこと:13
第4位:夫婦で購入時に意見が割れたこと:7
その他:15

やっぱり先立つものがなきゃ!? お金を借りるためにひと苦労

1番多かったのは「お金の工面」でした。

【住宅ローンなどお金の工面】

・お金を借りる為に色々な銀行の審査を受けて、やっとの思いで通りました。(40代/男性/会社員)
・契約をしたすぐ直後にボーナスがなくなり、ボーナス払いでローンを組んでいたので、慌てて組み直しました。(40代/女性/パートアルバイト)
・結婚後、妊娠出産を機に私の仕事を辞めていたので、主人の収入だけでは借りられるローンの額が少なかったため困りました。(30代/女性/専業主婦)
・自己資金があまりなくて、結構な額のローンを組まざるを得なかったこと。完済できるかどうか、気が気ではなかった。(50代/男性/専業主夫)
・自営業なので、ローンを組むのがむずかしく、お金の工面が大変でした。(50代/女性/パートアルバイト)
・月7万円という予算上限があったため、それにおさめるのに苦労した。(40代/男性/会社員)
・お金の借入先の選定に迷いました。会社や労働組合、住宅金融公庫、残りは都市銀行にお願いしました。(60代/男性/無職)
・司法書士の先生に払う諸手続きのためのお金や契約の際の収入印紙など、ローン以外でいろいろとお金が必要なこと。(40代/女性/専業主婦)

資金がない、というよりは比較的住宅ローンの借り入れにまつわる苦労が多いようです。まず審査を通すのに四苦八苦し、通ったと思ったら希望通りの金額が借りられず…など、想定外のことに頭を悩ませることもあるようですね。住宅ローンの金額次第では返済計画が変わるだけでなく、物件の再検討が必要になることもありますから、最大の壁なのかもしれません。またローンを組めても、その後の生活で何が起きるかは誰にもわかりませんから、不安な気持ちが拭いきれないのは頷けますよね。

ゴールまでには様々な壁が…!

第2位は「希望の物件がなかなか見つからなかった」、続く第3位は「不動産の知識がなかった」、そして「夫婦間の意見が割れたこと」という順になりました。

【希望の物件がなかなか見つからなかった】

・購入したい場所に購入できる範囲の金額や立地条件などを含んだ物件が、なかなか無かった事。(50代/女性/パートアルバイト)
・頭金がほぼなかったので、価格を抑えた物件を探すのが大変だった。(50代/女性/専業主婦)
・毎週のように中古物件や土地を見て回りました。1年ほどはかかったと思います。(40代/女性/専業主婦)
・これがあればこれが無いなど、最低条件の揃った物件がなかなか見つからず苦労しました。(40代/男性/無職)
・一戸建ての新築としてはかなり予算を抑えて業者を探したので、希望の予算をかなえてくれる業者に出会うまで2年ほどかかってしまった。(30代/男性/会社員)

【不動産に関する知識がなかったこと】

・お金の工面も苦労しましたが、家屋の図面や不動産などの専門的な知識がなかったので、交渉時にあたふたしてしまった。(30代/女性/契約派遣社員)
・不動産に関して、本当に無知で、一から全て学んだ。ローンもどう組めばいいのかもよくわからなかったので、銀行に何度も足を運んだ。(30代/女性/無職)
・不動産を購入するのは始めてだったので、様々な手続きをしたり、書類を揃えるのが意外に面倒だった。(50代/女性/専業主婦)
・マンションの管理組合の事や修繕に関して、責任の所在がどこにあるのかはっきり知らなかった。(50代/女性/専業主婦)

【夫婦で購入時に意見が割れたこと】

・お互いの譲れないポイントを出し合って少しずつ妥協点を見つけていきましたが、なかなか思うように折り合いがつけられず苦労しました。(20代/女性/会社員)
・共働きなのに職場は反対方向。絶対に自分の職場に近いことを主張する主人と何度も喧嘩になりました。(50代/女性/会社員)
・知識が無いもの同士で自分たちで調べていたものの意見が擦りあわず大変だった。(30代/男性/自由業・フリーランス)

希望の土地に予算通りの物件があればいいですが、現実はなかなかうまくいかないようです。また条件や予算を考え直し、「これぞ!」という場所を見つけても、専門的な知識がないために苦労したという人もいました。一生のうち何度も経験することではないですから、なかなか知識は蓄えづらいですよね。購入までには様々な壁があり、時には夫婦間での意見が分かれながらみなさんマイホーム購入をしているようです。

マイホーム購入の夢を叶えるため、苦労を乗り越える!

今回の調査では、マイホーム購入にあたってはお金の工面が最も頭を悩ませるものだということがわかりました。「足りない分は住宅ローンで!」と思っても、審査が通らなければ借りることはできませんし、希望通りの金額が借りられるかどうかも保証はありません。またお金はなんとかなっても、そもそも物件がなければマイホームの夢は叶いませんよね。希望の物件探しもまた、なかなか難しい壁のようです。しかしいろいろな苦労はあっても、マイホーム購入後をいろいろと想像すると、楽しくて乗り越えられるのかもしれません。

■調査地域:全国
■調査対象:住宅購入経験者、年齢不問・男女
■調査期間:2016年11月11日~2016年12月22日
■有効回答数:100サンプル

●関連記事
住まいの売却経験がある541名に、情報収集の方法や不満などの実情を徹底調査!
住宅購入経験者男女100人に聞いた、購入した住まいの価格はいくら?
我が家の住まい 購入or賃貸どっちがお得?

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"