この記事は、約4分で読めます

住宅を購入するときに、自分の生活スタイルに合う間取りかどうかを確認して、住む部屋にはどんな家具が合うのかを考えて購入することが多いと思います。そのとき、家族で共有するものを優先するか、個人で使うものに重点を置くかは個々の事情によって変わってきますよね。そこで、今回は「住宅を購入したときに一番こだわったのはどんな家具か」について、男女100人のみなさんにお話をうかがいました。

住宅購入で一番こだわった家具はなんですか?

【回答数】
第1位:ソファー:28
第2位:テーブル:21
第3位:ベッド:17
第4位:テレビボード:10
第5位:カーテン:7
第6位:本棚:5
第7位:カーペット:2
その他:10

最もこだわったのはソファー! リビングは人が集まる大切な場所

アンケートの結果、「ソファー」と答えた人が最も多いことがわかりました。

【ソファー】

・リビングに置いて、一番長く座るものなので。大きさと色とお部屋に合うかどうかを考慮しました。(40代/女性/専業主婦)

・一番存在感があって、目立つからです。また人が集まる場所であるとともに、自分がリラックスできる場所だと思うからです。(30代/女性/専業主婦)

・リビングの主役になりえる家具だし、色や形で大きく印象が変わるので気に入ったものが見つかるまでネットなどで調べて購入しました。(40代/男性/会社員)

・ゲストをお迎えするとき、座り心地の良いソファーはすごく重要であると考えていたからです。(30代/男性/会社員)

・一番存在感があって、目立つからです。また人が集まる場所であるとともに、自分がリラックスできる場所だと思うからです。(30代/女性/専業主婦)

家の中ではリビングで過ごす時間が多い傾向がみられます。ゆっくりくつろいだり家族で団欒したりするために、リビングに置くソファーの存在は大きいですよね。座り心地が良いことはもちろんですが、色や形などの見た目も重要かもしれません。親戚や親しい友人などを招くとき、リビングで応接する傾向があることもわかる結果となりました。リビングに配置する家具は他にもありますが、ソファーは直接利用するものだけに、購入するときはいろいろな商品を比較・検討することが大切ではないでしょうか。また、生活の欧米化にともない、リビングは家族の場所としてだけでなく「客間」としての機能も果たすと言えるようですね。

テーブルやベッドなども毎日使う! カーテンをオーダーした人も

アンケートの結果、「テーブル」に次いで「ベッド」「テレビボード」「カーテン」「本棚」「カーペット」の順となりました。

【テーブル】

・テーブルは家族で毎日囲むものなので、こだわって良いものを求めたから。(60代/女性/専業主婦)

・ダイニングテーブルは、食事だけでなく様々な作業台としても使う予定だったから。(50代/女性/専業主婦)

・同居家族は4人ですが、実家の両親や親戚などが集まることが多いので、広さを変えられるテーブルを探してこだわりました。(30代/女性/専業主婦)

【実家に行きやすいエリア】

・実家が近いと子どもの面倒を見てもらうこともできるし、両親に何かあったときにはすぐに駆け付けられるから。(30代/男性/会社員)

・実家に近い方が、何かあったとしても、お互い助けあえるからです。(20代/女性/専業主婦)

【ベッド】

・毎日使うものだし、疲れをためたくないので、寝心地の良いものにしたかったから。(20代/男性/会社員)

・やはり一日の終わりを気持ちよく過ごすためにも、人間にとって睡眠はとても大事なんでベッドはこだわりました。(20代/女性/無職)

【カーテン】

・カーテンは新調して、部屋に合わせたカーテンをオーダーで作ってもらいました。(40代/女性/パートアルバイト)

・住宅購入にあたりほとんどの家具は買い替えなかったが、カーテンだけはずっと使い続けるだろうと思い、オーダーカーテンですべて新調した。(30代/男性/会社員)

二番目に回答者が多いテーブルも毎日使う大切な存在のようです。自分たちだけでなく、親戚などの集まりに対応できる機能付テーブルを選ぶことも必要かもしれません。また、ベッドも日々の生活に不可欠ですが、快眠でリフレッシュするためにも慎重に選びたいですよね。対象となる家具は人それぞれですが、毎日使うものを重視したい傾向が見て取れました。そんななか、カーテンをオーダーメイドした意見に注目されます。購入した住宅に引っ越すときは、これまで使っていたものの再利用も可能ですが、カーテンの寸法は窓によって変わりますよね。また、カーテンを新しくすることで気持ちの良いスタートが切れるのではないでしょうか。

住宅購入時には予想外の出費も! 家具選びの参考におすすめ

アンケートの結果、一番こだわった家具はソファーと答えた人が最も多く、全体の約3割に達することがわかりました。家族だけでなく来訪者と共有するものだけに、使い勝手や機能性、部屋との調和などを考えることがポイントのようです。二番目にランクインしたテーブルにも同様の条件が求められるのではないでしょうか。家族が健康で過ごすためにはベッド選びも重要だと言えるようですね。「カーテンは新調」という回答からは、他の家具にはお金を掛けなかったようにもうかがえます。なお、住宅を買うときには予想外の出費があるかもしれませんよね。そのため、住宅購入を検討している人が家具を選ぶときの参考にすることをおすすめします。

■調査地域:全国
■調査対象:住宅購入経験者、年齢不問・男女
■調査期間:2016年11月11日~2016年12月22日
■有効回答数:100サンプル

●関連記事
住まいと一緒に壁紙も替えるのがトレンド!?「お部屋のリニューアル」の実態を調査
住宅購入経験者男女100人に聞いた、購入した住まいの価格はいくら?
日テレ監修の住まいに関する調査サイト『ぽらさーち!』を中央住宅がオープン

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"