この記事は4分で読めます

恋人たちにとって、お互いの誕生日や交際記念日は特別な日になりますよね。また、クリスマスなどのイベントを共有したい人も多いのではないでしょうか。クリスマスにはお互いがプレゼント交換しあえる楽しみがありますが、張り切りすぎて予算オーバーする人もいるかもしれません。恋人時代の交際は、将来を一緒に歩むかどうかを決める大切な時期です。それだけに、節約しすぎても背伸びしすぎても良くないことも知っておきましょう。そこで、クリスマスプレゼントの予算はどれくらいの金額が理想的かについて、独身男女100人のみなさんに本音を聞いてみました。

【質問】
恋人がいる男女100人に聞いた! クリスマスのプレゼントの金額いくらですか?

【回答数】
1万円未満:41
1万円以上~2万円未満:36
2万円以上~3万円未満:16
3万円以上:7

1万円未満の人が最も多い! 限られた予算で相手が喜ぶプレゼントを

アンケートの結果、「1万円未満」と答えた人が最も多いことがわかりました。

「1万円未満」

・お互いあまりお金がないので,あらかじめプレゼントの額は1万円未満と決めています。今年はお互いに似合うニットを買う予定です。(20代/女性/学生)
・服や小物など。一緒に買い物に行って、欲しがったものをあげたい。(20代/男性/契約派遣社員)
・あまり高額なものだと気を使うので、楽しめるものを贈りたいと思っています。(30代/女性/パートアルバイト)
・高価なものをプレゼントすると、それが当たり前になって負担になるので、1万円未満で消耗できる品をあげる予定です。(30代/男性/会社員)
・クリスマスのプレゼントの金額はおさえめです。お互いの誕生日が近いので高価なものは避けています。(30代/男性/会社員)
・自宅に招き花を飾り、料理でもてなす予定。お金をかけずとも心が充実するプレゼントにしたい。(30代/男性/自由業・フリーランス)

お互いにプレゼントの金額を決めている人や、一緒に買いに行きたいと考えている人もいますよね。高いものを贈ると相手が気遣うだけでなく、相手が高額プレゼントに慣れる場合もあるため今後が大変かもしれません。一時的にお金を掛けるのではなく、相手が欲しいものなどを限られた予算の中で選びたい様子も見て取れます。なお、クリスマスよりも誕生日プレゼントをメインにしたい人のように、お金の使い方を工夫することが大切なこともわかる結果となりました。

金額の高さや金銭へのこだわりには個人差が!?

アンケートの結果、「1万円以上~2万円未満」に次いで「2万円以上~3万円未満」「3万円以上」の順となりました。

「1万円以上~2万円未満」

・値段じゃなく気持ちの方が肝心であり、必要なものであればそれ相応の金額で良いと思う。常に身につけられるものでセンスが良い小物をプレンゼント予定。(30代/男性/会社員)
・腕時計がほしいと言っていたので、あまり高価なものは買えませんが、デザイン重視にします。(40代/男性/自由業・フリーランス)
・だいたい1万円前後のプレゼントが自分の平均です。あまり高価すぎず、受け取りやすいと思います。(30代/女性/自由業・フリーランス)

「2万円以上~3万円未満」

・自分では買わない少しリッチな香水をプレゼント予定です。(20代/男性/自由業・フリーランス)
・お揃いのブレスレット。いつも身につけていてほしいし、お揃いだと、繋がっていられるような気がするから。(30代/女性/無職)

「3万円以上」

・恋人が金の掛かる女なので、毎年ブランドのバックや腕時計やアクセサリーを買ってあげています。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・靴をプレゼントしたいと思います。これからも同じ道を一緒に歩いてほしいので。(40代/男性/自由業・フリーランス)

「1万円以上~2万円未満」の回答者からは、気持ちのほうが大切との声や、無理のない金額との意見が寄せられています。お金でつながっているのではないとの考え(2万円以上~3万円未満の回答者)や、お金が掛かる相手(3万円以上の回答者)という意見も寄せられました。このように、どれくらの金額が高いのかは個々によるほか、金銭へのこだわりにも個人差があることが大きな特徴のようです。なお、プロポーズの意味を込めて靴をプレゼントしたいとのコメント(3万円以上の回答者)はプレゼント選びの参考になるのではないでしょうか。

相手との結婚を意識するのなら住宅購入資金などの用意も大切!

アンケートの結果、「1万円未満」と答えた人が最も多く、全体の約4割を占めることがわかりました。二番目に多い「1万円以上~2万円未満」が僅差のほか、金額が上がるにつれて回答者が少なくなることも特徴の一つだとうかがえます。金額を抑えたい人の中には学生も含まれており、予算内で精一杯プレゼントしたい気持ちが伝わってくるようです。一方、お金を出せる人は年齢が高いことや男性が多い傾向も見て取れました。クリスマスプレゼントにどれくらいお金を掛けるのかは個々の経済事情も反映してきますが、相手との結婚を意識するのなら、住宅購入資金など、将来の生活設計を見据えることも大切かもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:恋人がいる独身男女
■調査期間:2016年10月14日~2016年10月28日
■有効回答数:100サンプル

●関連記事
若者の“物欲レス”は本当!?「20代の消費行動調査」を実施
働く女性の貯金に関する調査を実施。 独身OLの貯金事情とは?金額&目的は?
「ひとり暮らしのクリスマスの過ごし方」についての調査結果を発表

おすすめ記事
"