この記事は、約3分で読めます

湾岸エリアで先駆け的な存在だった、タワーマンションを購入したAさん。住み心地は上々だったと言いますが、離婚・再婚を経て引っ越しが決まりました。せっかく購入したマンションを、売ったのか、貸したのか? Aさんにお話を伺いました。

■プロフィール
名前・性別 Aさん 男性
年代(購入時) 30代中盤
職業・業種 管理職・サービス業
雇用形態・年収 正社員・1,000万円
家族構成 夫婦
勤務地・通勤時間 東京都港区・35分
社会人歴・転職回数 25年・0回
勤務先の社歴(ローン実行時) 13年
■購入物件情報
物件所在地 東京都江東区東雲
アクセス 東京メトロ有楽町線「辰巳」駅・東京臨海高速鉄道「東雲」駅 各10分
物件種別・間取り 新築マンション・2LDK+S
購入価格
頭金
4,980万円
1,600万円
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】)
住宅ローン 返済額
返済期間
月10~15万円(ボーナス払いあり)
30年
引越し前の所在地 東京都大田区
購入前の家賃・間取り 15万円 1LDK

<後編>

Aさんの【前編】を見る>>

抽選を突破するための対策が裏目に?

購入を決めた住戸は約86平米。第1期の際に落選してしまったので、第2期では万全を期し、自分の名義と親名義、妻の親名義で3口申し込みました。私の名義では低層階の広い住戸を申し込みましたが、倍率50倍と大人気だったため落選。あとの2戸は高層階で、5~8倍の倍率でした。

結果、妻の親名義で申し込んだ分が当選したため、共同名義にしなければならないことが分かりました。最終的には交渉を重ね、自分名義で購入することができたのですが、とても大変な思いをしました。マンションが欲しいからと名義をたくさん借りて抽選に参加することは、あまりお薦めできませんね(苦笑)

繰り上げ返済と借り換えにより返済負担を軽く

住宅ローンは漠然と、【フラット35】がいいと思っていました。雑誌の受け売りですが「固定金利の方が安心」と考えていましたね。【フラット35】で一番よく名前を聞く、アルヒ株式会社(当時SBIモーゲージ株式会社)でお願いしました。前回の住宅購入時と異なり、スムーズに希望額の借り入れができました。

返済を始めてから5~6年ほど、ボーナスなどの余裕資金ができる度に繰り上げ返済を実施。それまでは月々15万円近く返済していましたが、10万円強まで月額を落とすことができました。また、アルヒさんから連絡をいただき、2年前には借り換えも実施。現在はボーナス払いもなくなり、だいぶラクになりましたね。

住宅ローンを借りた当初は「少しでも早く返済したい」と思っていたのですが、最近は団体信用保険に入っている有難味を感じます。ゆっくりと返済する予定です。

ゲストルームは友人を泊めてあげるのに活用。1泊1,500~2,000円+リネン代で利用できる。「ホテルより安く泊まれるので人気がありますね」
ゲストルームは友人を泊めてあげるのに活用。1泊1,500~2,000円+リネン代で利用できる。「ホテルより安く泊まれるので人気がありますね」

共用施設の充実がタワーマンションの醍醐味

新居は全体的にホテルライクな作り。広々としたロビーにソファがたくさん配置されていて、コンシェルジュもあります。自然に溢れ、小川が流れているような環境を楽しめますし、キッズルームや小さなジムの完備など、共用施設がとても充実しています。

3畳ほどのトランクルームを、月々1,000円程度で借りることができるところもポイント。倍率が高く、2~3年ほど待ってやっと借りることができました。

駐車場は供給過多なほど完備されていますので、1万円少々で借りることができました。近くの公団住宅で暮らしていた知人は駐車場代に2万円以上払っていたそうなので、かなり割安だと思います。

トイレには手洗い器が設置されている。「洗面所まで行かずに手洗いができるので便利です」
トイレには手洗い器が設置されている。「洗面所まで行かずに手洗いができるので便利です」

住み心地抜群のマンションから引っ越し

東雲のマンションは住み心地が良く、オーシャンビューの眺望も抜群とあって、よい買い物ができたと思います。アクセス環境も抜群でした。仕事でお台場のテレビ局へ行くことが多く移動がラクでしたし、出張の際は、羽田空港や東京駅までタクシーで15分程度の近さでした。

しかし、実はその後に離婚をしまして、2年ほど前に再婚しました。ずっと住み続けたいくらい快適なマイホームでしたが、現在の妻の希望を尊重して引っ越すことに。現在は、新たに購入した都心のマンションで暮らしています。

和室のゲストルームから、ビル群を望む。「東京スカイツリーと東京タワーが両方見ることができる、マンション随一の眺望です」
和室のゲストルームから、ビル群を望む。「東京スカイツリーと東京タワーが両方見ることができる、マンション随一の眺望です」

再婚を機に引っ越し。賃貸経営を開始

東雲のマンションは、賃貸に出しました。私は深く考えていなかったのですが、妻に「価値のあるマンションのようだから、もう少し所有していれば?」と言われたんです。10月くらいから募集を開始したものの、まだ荷物の片付けができていなかったこと、「外国人NG」など様々な条件をつけていたこと、大手不動産会社にばかり客付けを依頼していたことから、なかなか借り手が見つかりませんでした。最終的には、中小のベンチャー系の会社が頑張ってくださり、翌年の2月に入居者が決定。住宅ローンの返済額を上回る額で貸せています。

売却時の価格は常にチェックしていますので、今後の動向を見極めつつ、貸し続けるか、売るか決めたいと思います。

【前編を見る】決め手はコストパフォーマンスと立地! 新築マンションを購入>>

関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事