この記事は、約3分で読めます

神奈川県横浜市内の賃貸住宅を転々としてきたというRさんは、通勤環境や愛犬との暮らしを考えて住宅購入を決めたそうです。横浜市内でも人気の高い山手・石川町エリアでリーズナブルな住まいを見つけたRさんに、その経緯をお聞きしました。

■プロフィール
名前・性別 Rさん 男性
年代(購入時) 30代前半
職業・業種 事務・小売
雇用形態・年収 正社員・650万円(収入合算・妻300万円)
家族構成 夫婦
勤務地・通勤時間 東京都目黒区・60分
社会人歴・転職回数 10年・4回
勤務先の社歴(ローン実行時) 半年
※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。
■購入物件情報
物件所在地 神奈川県横浜市中区
アクセス JR根岸線「山手」駅 10分
物件種別・間取り 新築建売戸建・3LDK+S
購入価格
頭金
4,500万円
50万円
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】S)
住宅ローン 返済額
返済期間
月13万円弱(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 神奈川県横浜市中区
購入前の家賃・間取り 13万円 2LDK+S

通勤環境や愛犬との暮らしを考えて

結婚して以来、横浜市内の賃貸住宅を転々としてきました。前居はJR根岸線「石川町」駅からバスで20分ほどのマンションで、3年ほど暮らしました。住み心地は悪くなかったのですが、仕事へ行くのに毎日バスに乗らなければならないことが、時間が読めず大変でしたね。夫が仕事で忙しく、22時半を過ぎると最終バスがなくなり、タクシーで帰宅することも多かったです。もう少し便利な場所に引っ越したいと思うようになりました。また、犬を飼い始めたため、ペットと暮らしやすい住まいも求めていました。

メルマガで偶然見つけた新築戸建てを購入

実は、前回の引っ越し時にも「買うか借りるか」の選択肢で悩み、2~3軒の物件を見学しました。しかし当時は、「どのエリアに住みたいか」というビジョンが明確ではなかったんです。何となく、川崎市を中心に検討していましたがあまりピンとこなくて、購入には至りませんでした。

購入した物件は、夫が購読していたメールマガジンで紹介されていた物件。軽い気持ちで見学に行ったところ、駅から徒歩圏内で閑静な住宅街という立地が何よりも気に入りました。当時は更地の状態でしたので、間取りや床・壁紙といった素材、設備を自分たちである程度決められるところも魅力的でした。金額も、インターネットなどで検索すると5,000~6,000万円が相場のようでしたので、リーズナブルな部類だと思いました。「買えるなら買おうか」という話になり、他の物件は見学せず購入を決めました。

2階の寝室横には、ウォークインクロゼットを設置。「手持ちの引き出しが入るスペースを確保して貰ったり、ポールをたくさんつけてもらったりしたので使いやすく、収納力抜群です」。
2階の寝室横には、ウォークインクロゼットを設置。「手持ちの引き出しが入るスペースを確保して貰ったり、ポールをたくさんつけてもらったりしたので使いやすく、収納力抜群です」

勤続年数が短くても住宅ローンを組める!

住宅ローンは、夫の勤続年数が半年でも借りることができそうな金融機関を、ファイナンシャルプランナーさんが2社ほど紹介してくれました。その中でもお薦めして下さったのが、アルヒ株式会社。金利が安く、親切な対応に惹かれてお願いすることになりました。

今回は夫婦で収入合算をしています。私は契約社員なのですが、3ヶ月ごとに契約書を締結するシステムのため、パートや短期雇用のように見えてしまいがち。そこで、2年半分の契約書類を提出し、実際には長期間雇用されていることを証明することで対応しました。

参考記事:契約社員でも住宅ローンは借りられる? おすすめの住宅ローンは?

現在は金利がとても安いので、アルヒさんには何度か借り換えの相談をしています。いつか、借り換えを行うかもしれません。できるだけ早く返済したいですね。

梁下のデッドスペースになりがちな隙間にも棚板を入れて、収納として活用している。
梁下のデッドスペースになりがちな隙間にも棚板を入れて、収納として活用している。

建売住宅ながら自由な家づくりを実現

外観は、無料イメージが作れるサイトを活用し、自分で作成して持参。販売元の方に素材や色味をアドバイスしてもらいながら選択しました。床を白で統一してスタイリッシュにまとめた内観と、マッチする雰囲気にしたつもりです。

間取りは3LDK+S。LDKは18畳くらい確保してもらったので広々としています。そのうちカウンターキッチンが2畳分くらいあるのですが、大きなキッチンを入れてしまったが故、通路が狭くなってしまったことが失敗でした。水廻りは一通り、快適に使っています。

R邸は、LDKが一体の間取り。「洗い物をしているとテレビの音声が聞こえなくなってしまうことも多いため、もう少し配慮をしても良かったかもしれません」。
R邸は、LDKが一体の間取り。「洗い物をしているとテレビの音声が聞こえなくなってしまうことも多いため、もう少し配慮をしても良かったかもしれません」

子どもも愛犬も活発に過ごせる寛ぎの家

新居は以前よりも広くなり、愛犬が楽しそうにしています。もちろん、私たちにとっても快適で、家にいる時間が長くなりました。そして、新居が完成した1年後に長男が誕生。現在は3歳ですが、元気に走り回っています。時々、同じ犬種を飼っている友人やママ友を呼ぶこともありますが、皆さん新しいからか、我が家を褒めてくれます(笑)

今後は、もう少しリビングを広く使えるように、配置換えなどもできたらいいなと思っています。

愛犬用に2~3畳の居室を設けている。「隣家に迫っているところはペアサッシを入れるなど、防音対策も行っています」。
愛犬用に2~3畳の居室を設けている。「隣家に迫っているところはペアサッシを入れるなど、防音対策も行っています」
関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"