この記事は、約4分で読めます

兵庫県から転勤で東京都内へ引っ越したHさん。土地勘のない状況下で選んだエリアはとても住み心地が良く、子育て環境も利便性も兼ね備えていました。そんな中、マイホームとしてHさんが選んだ物件とは? 詳しくお聞きしました。

■プロフィール
名前・性別 Hさん 男性
年代(購入時) 30代後半
職業・業種 企画・保険業
雇用形態・年収 正社員・900万円
家族構成 夫婦+子ども3人
勤務地・通勤時間 東京都新宿区・60分
社会人歴・転職回数 14年・3回
勤務先の社歴(ローン実行時) 2年半
■購入物件情報
物件所在地 東京都板橋区
アクセス 都営三田線「志村三丁目」駅 15分
物件種別・間取り 中古マンション・3LDK
購入価格
頭金
3,450万円
なし
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割
住宅ローン 返済額
返済期間
月約10万円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 東京都板橋区
購入前の家賃・間取り 16万円 3LDK

兵庫から東京へ。土地勘がない中での家探し

兵庫県の賃貸マンションで5年ほど暮らした後、東京へ転勤となりました。私も妻も九州出身のため、東京に土地勘がない中での家探し。子どもの医療費の助成が手厚い「23区内」、家賃は会社から9割程度の補助が出ることも加味して「家賃18万円以内」を条件としました。

立地と価格のバランスが良い練馬区や板橋区を中心に検討し、近くに幼稚園があり、最寄り駅から徒歩15分以内、勤務地の「都庁前」駅に出やすい「志村三丁目」駅から徒歩圏内の物件を選択。都営三田線や大江戸線は、通勤時に比較的空いているという噂も決め手でしたね。半年ほど暮らしました。

子育て環境を考えマイホーム購入を決意

3LDKで広さとしては十分でしたし、近くの大規模マンションに、子どもを遊ばせることができる緑豊かなスポットがあり、気軽に利用できます。また、東武東上線の「上板橋」駅も利用できるので、ターミナル駅「池袋」に出やすく、買い物にも便利。住んでみて、とても便利なところだと思いました。ただ、物件に不満はほぼなかったのですが、欲を言えば、陽当たりがもっと欲しかったです。

今まで将来設計を考えたことがなく、行きあたりばったりで暮らしてきました。転勤族なので、数年置きに各地を転々とする生活だったんです。しかし、長男が小学校へ上がるタイミングになり、子育て環境をしっかりと考える必要が出てきました。

リビングは一番明るい部屋。暖色系のテーブルや棚を置いて、明るい雰囲気を作り上げている。
リビングは一番明るい部屋。暖色系のテーブルや棚を置いて、明るい雰囲気を作り上げている。

意中の物件を意外なところで発見

インターネットで、新築・中古問わず物件を検索。「4,000万円以内」「板橋区か練馬区」「最寄り駅から徒歩15分以内」という条件で、マイホームの購入を検討しました。数軒見学をしましたが、当時通っていた幼稚園を変えて引っ越すほどの魅力を感じる物件とは出会えませんでした。

そんな時、暮らしているマンションの最上階に空室があることが判明しました。近所の不動産会社で尋ねたところ、その住戸も紹介可能とのこと。マンションの住みやすさに満足していましたし、今まで通りの生活環境を維持し、徒歩1分で幼稚園や、その隣の小学校に通えます。区内でも教育熱心と評判の小学校が目の前という環境が、購入を後押ししました。

長男の子ども部屋。親戚などが宿泊する際は一緒に就寝するスペースにもなるそう。「窓から小学校が見えるので嬉しそう。漫画を読んで過ごすのも楽しいみたいです」。
長男の子ども部屋。親戚などが宿泊する際は一緒に就寝するスペースにもなるそう。「窓から小学校が見えるので嬉しそう。漫画を読んで過ごすのも楽しいみたいです」

住宅ローンの借り入れには勉強が不可欠!?

住宅ローンは、全期間固定金利にしたいと思っていました。不動産会社からお薦めされたメガバンクや信託銀行など4社に加え、【フラット35】でシェアナンバーワンのアルヒ株式会社も検討。それぞれに審査をお願いした中で、金利の安いアルヒさんを選びました。
メガバンクは団体信用生命保険料が金利に含まれているため、今にして思えばイメージほどの金利差はなかったのかもしれません。少し勉強不足だったかなと思っています。
現在、金利が借り入れ当時の半分程度まで下がっています。諸費用を考えても借り換えが得策に思えますので、これから検討をしなければと考えているところです。

リビング横には多目的ルームがあり、日中は子どもの勉強部屋として、客用布団や洋服、電化製品の箱などもしまう物置として、夜はHさんのパソコン部屋としても活用している。「ボードを置いて私が勉強を教えることも多いです」。
リビング横には多目的ルームがあり、日中は子どもの勉強部屋として、客用布団や洋服、電化製品の箱などもしまう物置として、夜はHさんのパソコン部屋としても活用している。「ボードを置いて私が勉強を教えることも多いです」

マンションは大規模修繕に掛かる費用をチェック

購入の翌年、マンションの大規模修繕がありました。数社で見積もりを取って、費用を抑えることができそうな会社に依頼。しかし、諸々の事情により、修繕費用が跳ね上がってしまいました。その結果、新築時に設定されて以来変動のなかった修繕積立金が、値上げされることに。こうしたマンション独特の制度についてよく知らなかったので驚きました。中古物件を購入する際は、大規模修繕の資料を確認することは大切だと思います。

ただし、修繕の資料は素人が見てもよく理解できません。将来的に修繕積立金が倍以上の金額になっても無理なく払えるか、事前によく検討すべきだと感じましたね。

その後、マンションの理事会より配布されていた資料を活用して、修繕に必要な金額を計算してみたのですが、修繕積立金が倍になってしまうのは致し方がないことだと分かりました。素人が見逃してしまいがちなポイントなので、月々の出費が増える可能性もあることを考慮しておくべきですね。

この点は、どのマンションも実情は似たり寄ったりで、新築時の修繕積立金設定額のまま継続していくことは難しいのではないでしょうか。「身の丈に合ったマンション選び」とは、物件価格だけでなく、維持費用も含んだ意味なんだと今になって理解できました。

リビングダイニングは11.8畳。バルコニーに面して日当たりが良い上に、床暖房も入っているので暖かく快適だ。
リビングダイニングは11.8畳。バルコニーに面して日当たりが良い上に、床暖房も入っているので暖かく快適だ。

学校が目の前の立地を最大限に享受して

新居は南東向きで、3面にバルコニーがあります。とても明るさが感じられて気に入っています。幼稚園や小学校がすぐ近くなので、保護者が顔を出さなければならない場面が多くても気軽です。何かあってもすぐに駆けつけることができる安心感が大きいですね。子どもにとっても、通学までの時間にゆとりがあり、とても良かったと思います。私も妻も子どもが大好きなので、通学風景や運動中の姿が自然と目に入る環境も、個人的には気に入っています。
引っ越して以来、土日の学校開放デーに親子で運動をするなど、子どもとのコミュニケーションをとる時間が増えました。これは、学校が近いからできたことです。家にいる時間も確保しやすくなり、大変満足しています。

関連記事

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"