日本最大級のマンション相場情報サイトを運営する、マンションマーケットは、同社が運営する住宅系ニュースサイト「マンションサプリ」で、マイホームの購入意識を調査した。

「現在住んでいるお住まいのタイプは?」という質問では、持ち家で暮らしている人は9.7%で、9割以上の女性が賃貸もしくは実家暮らしと回答している。また、賃貸や実家に住んでいる人を対象にした「マイホームを購入したいと思いますか?」という質問で「購入を検討している」と答えたのは、20代21.7%、30代18.8%、40代14.3%と年齢が上がるとともに減少していた。 「マイホームの購入を検討していない」と回答した人の多くは「お金がないから」という理由を挙げていたが、30代女性には「結婚していないから」という回答も多くみられた。一人で家を買うことはハードルが高いという理由だけでなく、マイホームの購入=結婚後という意識が根強いことも伺える結果となった。

今回の調査は未婚の女性が対象だが、結婚を前提にお付き合いしている男性の存在によって、マイホームの購入意識に違いがあるのかを調査するため、年代別に比較も行われた。20代では、お付き合いをしている男性がいる人の中で、「マイホームの購入を検討している」と回答したのは約5割を占めている一方、お付き合いしている男性がいない人は、約9割がマイホームの購入を検討していないことが分かった。30代もお付き合いしている男性がいる人の方が「マイホームの購入を検討する」と回答する割合が高いが、20代よりは差は縮まっていた。40代は、お付き合いしている男性の有無によって大きな差はなく、マイホームの購入意識はほぼ同じという結果だった。男性がいても、「資金不足」「子供がいない」「男性がすでに持ち家」ということを理由に、約8割の人が購入を検討していないと回答している。

■調査概要
□調査実施時期:2016年8月10日~2016年8月11日
□調査対象者 :20代~40代の未婚女性
□有効回答数 :333名
□調査方法 :インターネット調査

●関連記事
『女性のお金と投資に関する意識調査』 マイナス金利導入で投資への興味が増加。
今どき女性のマンション購入の実態を調査。マンション購入で何が変わる?
『女性のためのかしこいマンション購入術講座』セミナーを開催

おすすめ記事