一般社団法人「女性のための快適住まいづくり研究会」は、住宅ローンに詳しいファイナンシャルプランナーを講師に迎え、住宅ローンや金融機関と金利の選び方・お得な繰り上げ返済について、公平な立場から説明するMiniセミナーを、9月24日(土)に同研究会が運営する銀座マンションライブラリーにて開催した。

これは、今年で設立25年目を迎える同研究会が、各分野の専門家を招いて、マンション購入について関心の深い内容をテーマに説明するミニセミナーで、銀座・自由が丘・大阪マンションライブラリーで定期的に無料開催している。今回のセミナーは597回目の開催となる(参加者は女性限定)。

安全で快適な「住まい」環境を大切にするために、マンションを購入したいという20代~50代の幅広い年代の独身女性は増えている。また現在、アベノミクスにおける日銀の金融政策の一環として、ゼロ金利政策が導入され、住宅ローンは過去最低の金利で推移している。さらに、住宅ローンは、各金融機関による金利競争やサービスの充実が行われており、借り手にとって優位な状況だ。

今回のミニセミナーでは、こうしたゼロ金利が住宅ローンにもたらしている好影響についての現状や、住宅ローンの「繰り上げ返済」の仕組みについて、ファイナンシャルプランナーで宅地建物取引士でもある 柴田悠道氏が説明した。また、金利によって変わる返済総額や、月々返済額と元金返済額の関係性についてもシミュレーションを行い、ローンについている団体信用生命保険のメリットなど、最新情報を踏まえた上でどの金利を選ぶべきかを総合的に解説された。また、柴田氏は『家賃は終わりのない掛け捨て保険、住宅ローンは期限付きの資産形成』と表現し、女性にとって失敗しないためのローン選びの秘訣も紹介。参加者は熱心に聞き入り、勉強をしている様子が伺えた。同研究会では、今後もこうしたセミナーやイベントなどを開催していく予定だ。

女性のための快適住まいづくり研究会HP
http://www.kaiteki.gr.jp

●関連記事
住宅ローンの手続きに必要なのはどんな書類?
税金や社会保険料を滞納すると、住宅ローンの審査は通らない?
住宅ローン相談ってどんなことが聞けるの? 窓口はどこにある?

●住宅ローン情報

おすすめ記事