「向河原」「武蔵小杉」の両駅が利用可能な立地の建売住宅を購入することに決めたYさん。値下げ交渉術や住宅ローン会社の選び方、繰り上げ返済や借り換えの決断、そして現在の暮らしに至るまで詳しく語っていただきました。

■プロフィール
名前・性別 Yさん 男性
年代(購入時) 30代前半
職業・業種 運輸業・営業職
雇用形態・年収 正社員・350万円(別途夫人が200万・収入合算)
家族構成 夫婦+子ども2人
勤務地・通勤時間 東京都千代田区・60分
社会人歴・転職回数 17年・3回
勤務先の社歴(ローン実行時) 1年
※インタビュー内容は奥様にお伺いしました。
■購入物件情報
物件所在地 神奈川県川崎市中原区
アクセス JR南武線「向河原」駅(JR各線、東急各線「武蔵小杉」駅) 9分(JR横須賀線12分、東横線16分)
物件種別・間取り 新築建売戸建て・3LDK
購入価格
頭金
4,000万円
200~300万円
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】)9割+変動金利(半年型)1割
住宅ローン 返済額
返済期間
月約11万円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 神奈川県川崎市中原区
購入前の家賃・間取り 8万円 1LDK

Yさんの【前編】へ戻る>>

<後編>

間取りはプロにお任せが吉?

我が家は間取り変更ができない段階での購入でしたが、材木店に勤め自宅の設計も手がけた母に間取り図を送り、問題がないか事前に確認。「プロにお任せした間取りの方が使い勝手が良かったりとそれなりに考えられた設計だから大丈夫よ」と言ってくれて安心できました。入居当初は広すぎるので空間がもったいないと思っていたキッチンが、過ごす時間が多い私にとっては立っていて窮屈せず椅子も置けて休めたり、子供と一緒に料理も作りやすかったり、実際住んでみて、不便を感じる事があまり無いので、正解でした。

2階にベランダはないが、代わりに室内物干しが設置されている。「雨の日などかなり重宝しています。人が来た時は取り外してすっきりできるところもお気に入り。友人にも好評です。脱衣所にも付けてもらいました」。
2階にベランダはないが、代わりに室内物干しが設置されている。「雨の日などかなり重宝しています。人が来た時は取り外してすっきりできるところもお気に入り。友人にも好評です。脱衣所にも付けてもらいました」。

 

値下げ交渉や仲介手数料のサービスでお得に購入

購入を決めた物件は4,000万円でしたが、希望は大きく(笑)、不動産会社経由で500万円の値引きを交渉。その結果、200万円の値引きに成功しました。また、不動産会社同士も競わせていたため、不動産会社の方が仲介手数料をサービスしてくれたことも大きかったです。

家庭菜園や庭づくりを楽しめることも、戸建て暮らしの醍醐味。「低樹木を植えたり、夏場はプチトマトやきゅうりなどを育てています」。
家庭菜園や庭づくりを楽しめることも、戸建て暮らしの醍醐味。「低樹木を植えたり、夏場はプチトマトやきゅうりなどを育てています」。

 

住宅ローンの借入先は比較ランキングで発見

住宅ローンの借入先は、不動産会社から「早く決めないと本契約ができない」と言われて探し始めました。始めに検討したメガバンクでは、変動と固定のミックスを薦められ、一旦保留に。ネット銀行は、インターネット上でのやりとりに手間と不安を感じて却下しました。そんな時、インターネットの「住宅ローン比較ランキング」で知ったのがアルヒ株式会社。金利が低い上、相談窓口がある安心感が決め手でお願いしました。
その後、臨時収入があり、繰り上げ返済を2回行いました。また、アルヒさんには借り換えメリットがある場合にメールでお知らせしてくれるサービスがあり、最近借り換えを決断。月々の支払額が5,000円ほど減り、返済期間も半年ほど短縮できました。

階段の吹き抜けには消防法の関係で扉を設置できないため、エアコン効率が気になっていたというYさん。「100円ショップで購入したつっぱり棒にカーテンを通して対応しています」。
階段の吹き抜けには消防法の関係で扉を設置できないため、エアコン効率が気になっていたというYさん。「100円ショップで購入したつっぱり棒にカーテンを通して対応しています」。

 

利便性と住環境を兼ね備えた街

新居に引っ越して以来、武蔵小杉駅の開発により買い物は武蔵小杉駅周辺でだいたい完結できています。それでいて、新居があるのは住宅街なので、都市の喧騒は感じません。田舎育ちの私にとって、利便性とのどかな生活を両立できる理想の環境ですね。
夫は購入当初、住宅ローンに対する不安が大きかったようで「マイホームを持つのは早かったのでは?」という発言ばかりしていました。現在は、武蔵小杉エリアの土地価格が急上昇していますので「買っておいて良かったね」と言っています(笑)。賃貸物件の家賃もかなり上がっているので、本当にいいタイミングだったと思います。

新居の近隣には多摩川緑道があり、よく訪れるという。「都内の緑道ほど整然とはしていないのですが(笑)、手を入れ過ぎていないところが気に入っています」。
新居の近隣には多摩川緑道があり、よく訪れるという。「都内の緑道ほど整然とはしていないのですが(笑)、手を入れ過ぎていないところが気に入っています」。

 

マイホームを起点に交流が広がる

引っ越す前から、友人や親族などがよく遊びに来ていましたが、十分な広さがある新居では、泊まってもらうこともできるようになりました。子ども達がいとこと一緒に入浴したり、食事をしたり、コミュニケーションの場を持てる機会が増えてとても楽しそうな姿を見ると「マイホームを買って良かった」と思いますね。
ご近所さんや友人の家に行った際には、快適に暮らすためのアイディアやちょっとした工夫について、情報交換をする機会が増えました。ママ友さん同士の交流も楽しんでいます。

【前編に戻る】人気急上昇の武蔵小杉エリアで家探ししたYさん>>

●関連記事
決算期を狙い、値引きも成功すた横浜市Kさん
竹林に抱かれた新築住宅を購入した鶴見区Mさん
頭金2,000万円で100平米越マンションを購入したWさん

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"