総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「HOME’S」を運営するネクストは、2016年9月16日に第1回HOME’S住まいの川柳コンテストの入賞作品を発表した。このコンテストは「住まいの怖い話」をテーマに実施され、全国各地の幅広い世代から応募総数5,928句が寄せられた。

最優秀賞に選ばれたのは「出て行けと 喉まで出るが 妻名義」。家庭での夫婦の力関係を「怖い」話とし、作者の悲哀を感じさせながらもクスッと笑える作品となった。入選作品やその他の応募作品にも、自身の家庭での立場を憂う男性の作品が多く見られた。また、自宅での心霊体験や金縛りなど心理的な怖い経験や、白アリ被害や雨漏りといった建物自体に感じる不安を題材した作品も寄せられた。さらに、購入した自宅で活断層が発見されたことによる地震への不安や2015年に世間を騒がせたマンションの杭問題に関する作品も多く、住まいの安全性への意識の高まりを感じさせる内容が多かった。

大流行中の「ポケモンGO」など時事的な要素を上手に取り入れた作品が多かったことも特徴的だった。多くの人が改めて「住まい」や「暮らし」を考え、愛着を感じるきっかけになればと企画された今回の川柳コンテスト。第2回HOME’S住まいの川柳コンテストは、今冬に実施の予定だ。

今回の入選10作品はこちら。
「どうしよう 二階に部長が 越してきた」
「超薄い 壁と親父の 存在感」
「うちの犬 隣の嫁と 名がかぶる」
「床にアート ちっちゃな画伯 それ油性…」
「女より 床を磨けと 言う夫」
「ローン払い 終わった頃には 施設行き」
「妻握る 昔オレの手 今我が家」
「同棲後 起きると横に いる他人」
「建てた家 下に横たう 活断層」
「住む家の 地下が揺れれば 地価も揺れ」

●関連記事
家や家族をテーマにした「おうち川柳」コンテスト入賞作品を発表!
都道府県別ゴキブリ発生リスクを公開。ゴキブリ被害多発地域1位は東京!
首都圏に住む若者への意識調査! “田舎暮らし”に憧れている?

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"