埼玉県「ふじみ野」駅近くの中古建売戸建てを購入することになったHさん。契約から新生活を始めた現在に至るまで、売主さんとの温かな交流が続いているそうです。住宅購入で生まれた「出会い」について語っていただきました。

■プロフィール
名前・性別 Hさん 女性
年代(購入時) 40代前半
職業・業種 サービス・自営業
雇用形態・年収 個人事業主・400~600万
家族構成 本人+子ども1人
勤務地・通勤時間 なし・なし
社会人歴・転職回数 20年・3回
勤務先の社歴(ローン実行時) 4年
■購入物件情報
物件所在地 埼玉県ふじみ野市
アクセス 東武東上線「ふじみ野」駅 12分
物件種別・間取り 中古建売戸建て・3LDK
購入価格
頭金
1,200万円
150万円
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】)
住宅ローン 返済額
返済期間
月4万9,000円(ボーナス払いなし)
20年
引越し前の所在地 東京都北区
購入前の家賃・間取り 8万円 1R

Hさんの【前編】を見る>>

<後編>

売主のはからいで住宅ローン審査をクリア

住宅ローンははじめ、私がお世話になっていた不動産会社からいくつかの銀行を紹介して貰いました。固定・変動といった条件は特に気にしておらず、期日内に住宅ローン審査が通れば良いと考えていました。当初はメガバンクのお世話になる予定だったのですが、審査に2ヶ月ほど掛かることが判明して断念。困っていたところ、売主さんがアルヒ株式会社を紹介して下さり、本当に助かりました。
繰り上げ返済の予定は今のところありませんが、早く返済できれば、建て替え資金が調達できるかもしれません。頑張れば、夢が広がりますね。

決済までの1ヶ月間、売主と同居生活!

無事に住宅ローンを組めたものの、ゴールデンウィークを挟んでしまったことが災いし、予定が少し後ろ倒しになってしまいました。マンションの退去から新居への入居まで、1ヶ月ほどの期間があり、どこで暮らすかが問題でした。はじめは知人のシェアハウスでお世話になろうかと思ったのですが、売主さんのご厚意で、決済までの期間「同居生活」をすることに! 1階がちょうど空いていたので貸していただきました。2度引っ越しをする手間が省けただけでも有難いのに、食事をご馳走していただくなど、お世話になりっぱなしでしたね。決済を終え、売主さんが退去された際には寂しかったくらいです(笑)。最後にみんなで焼肉を食べに行ったのですが、娘は泣いていました。
売主さんは現在もすぐ近くで暮らしているので、現在もお付き合いが続いています。売主さんが経営している食事処にはよく食べに行きますし、娘は人手が足りない時に手伝いをすることも。良い関係を築いています。

新居の周囲には花壇を作り、季節の花々やハーブなどを植えている。「日当たりがいいので良く育ちます」。
新居の周囲には花壇を作り、季節の花々やハーブなどを植えている。「日当たりがいいので良く育ちます」。

 

子育てを中心とした賑やかな毎日

新居は東武東上線「ふじみ野」駅から徒歩12分。隣の「上福岡」駅からは徒歩7分で、目的地に応じて2駅の使い分けができる立地です。
1階には給湯スペースと待合室があり、私の居室と物置として使用。2階は娘の居室と共有のLDK。前居はワンルームで狭く、大した調理ができなかったのですが、引っ越してからはお惣菜に頼らず、自炊をする機会が増えました。現在、主に作っているのは離乳食ですね(笑)。娘は洗濯や掃除をよくしてくれます。義理の息子は現在実家で暮らしているのですが、毎週のように来てくれるので、一緒に食事を楽しんでいます。愛犬が孫のおもちゃを壊してしまうなど、ハプニングも日常茶飯事ですが、自分の子育て時代を思い出しながら賑やかに暮らしています。

カフェ風に一新した書斎兼寝室。「義理の息子が内装業に従事しているので、レンガ調の壁紙を張ってもらいました。床も塗装してもらうなど、日々進化しています」。現在は和室のリフォームを検討中だそう。
カフェ風に一新した書斎兼寝室。「義理の息子が内装業に従事しているので、レンガ調の壁紙を張ってもらいました。床も塗装してもらうなど、日々進化しています」。現在は和室のリフォームを検討中だそう。

 

家庭菜園をスタート、戸建て暮らしを満喫

東南角地で日当たりが抜群。ベランダではバジルなどのハーブやレタス、トマト、ピーマン、なす、枝豆などを植えて、家庭菜園を始めました。成長を見るのがとても楽しいですね。バーベキューを楽しむこともありますよ。私たちの食生活も自然と変わって、具沢山の味噌汁や、家庭菜園で採れた野菜やハーブを使った料理など、身体に優しい食事を作って食べるようになりました。

家庭菜園で育てたハーブが食卓に並ぶ日も多い。「先日は、収穫したバジルを使ってパスタを作りました」。
家庭菜園で育てたハーブが食卓に並ぶ日も多い。「先日は、収穫したバジルを使ってパスタを作りました」。

 

朝型の健康的な毎日、家族との絆も深まる家

新居で暮らし始めて以来、夜型から朝型に変わりました。以前は深夜0時からが仕事タイムだったのですが、21時を過ぎると周囲が真っ暗なので、0時過ぎには寝てしまいます。早寝早起きになって時間の流れと使い方が変わりました。マンションから戸建て暮らしになって階段の昇り降りも増え、健康的になった気がします(笑)
新居を購入するまで苦労は尽きませんでしたが、不動産会社や売主さんが一丸となって支えてくれたおかげで、家族の集える場所ができました。マイホームを購入できて本当に良かったですし、この物件と出会わなければ今回の縁はなかったのだと思うと感慨深いです。

【前編に戻る】ふじみ野駅近くの中古戸建てを購入。4匹の愛犬と暮らすHさん>>

●関連記事
東京都で一番“住宅ローンの平均借入額”が高いエリアはどこ? 中古戸建て編
週4のアルバイト生活で藤沢市の中古マンションを購入したBさん
首都圏の「住宅地価格」と「中古マンション価格」の動向について調査結果を公表

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"