不動産投資サイト『楽侍』を運営するファーストロジックは、同サイトにおいて「投資用市場動向データ最新版2016年7月期分」の調査結果を公表した(調査期間は2016年7月1~31日で、調査対象は、期間中に『楽侍』に新規掲載された物件、問合せのあった物件)。

新規掲載された一棟アパートについての調査では、新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.38ポイント下落、問合せ物件の表面利回りも0.1ポイント下落した。さらに新規掲載物件の物件価格は前月比で1,074万円上昇、問合せ物件の物件価格も387万円上昇した。

新規掲載された一棟マンションについては、新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.32ポイント下落、問合せ物件の表面利回りは0.22ポイント上昇した。さらに新規掲載物件の物件価格は前月比で2,084万円上昇、問合せ物件の物件価格は905万円下落した。

新規掲載された区分マンションについては、新規掲載物件の表面利回りは前月比で0.09ポイント下落、問合せ物件の表面利回りは0.07ポイント上昇した。さらに新規掲載物件の物件価格は前月比で132万円上昇、問合せ物件の物件価格も76万円上昇した。

●関連記事
新規参入者の5人に1人が回答! 不動産投資のきっかけは「マイナス金利」
10人に1人は遺書を残しているという結果に。「部長の不動産相続事情」を徹底調査!
『女性のお金と投資に関する意識調査』 マイナス金利導入で投資への興味が増加。

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"