不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社は、全国の収益(投資用)不動産のマーケット状況を把握するために市場動向を定期的に調査している。今回は、2016年4月~6月期のレポートを公表した。調査対象は健美家に登録された収益(投資用)不動産とメールで問い合わせのあった物件となっている。

「区分マンション」についての調査では、登録物件投資利回りは7.72%と2005年調査開始以来最低値を記録した。前年同期比では、-0.38ポイント低下。3期続けて7%台となり、依然として低下基調が続いている。エリア別では、千葉県と中国・四国を除くエリアは前期比で低下という結果に。また、価格は1,416万円となり、14期4-6月期以降は、ほぼ1,400万円と高水準で推移している。登録物件数は29,672件(前年同期比127%)、メール問い合わせ数は3,455件(前年同期比131%)と、どちらも過去最高を記録した。

「一棟アパート」の調査では、登録物件投資利回りは9.13%と、14期10-12期以降9%台が続き、低下基調にあることが分かった。前年同期比では、-0.37ポイント低下。エリア別で見ると、埼玉県、北海道、信州・北陸を除くエリアでは、前期比で低下という結果になった。また、価格は5,919万円となり、リーマンショック以降で最高値を記録。前年同期比+7.2%(+399万円)と上昇幅は依然として大きい。登録物件数は15,645件(前年同期比140%)、メール問い合わせ数は8,605件(前年同期比161%)と、どちらも過去最高を記録した。

「一棟マンション」の調査では、登録物件投資利回りは8.14%と07年1-3月期以降で最低値を更新した。前年同期比では-0.53ポイント低下し、3種の中で最も低下幅が大きかった。エリア別では、神奈川県、千葉県を除くエリアは前期比で低下している。また、価格は15,076万円となり、前年同期比+0.5%(+74万円)でわずかな上昇だが、高値相場が継続している。登録物件数は9,748件(前年同期比128%)、メール問い合わせ数は6,679件(前年同期比178%)と、どちらも過去最高を記録した。

※「不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家」より

●関連記事
老後のお金と不動産投資について調査! 老後の生活費は月20万円以上必要?
マイナス金利の導入で投資に興味を持つ女性が増加
全国収益(投資用)不動産市場動向レポート2015

おすすめ記事