新生銀行が2016年の「サラリーマンのお小遣い調査」を実施。20代から50代の有職者の男女約2,300名を対象に調査を行った結果をまとめた。

男性会社員の毎月のお小遣い額は前年比231円増の37,873円で、1979年の調査開始以降3番目に低い金額となった(最低額は1982年34,100円)。子どもがいると答えた男性会社員について子どもの学齢別にみると、社会人のみの世帯が4万円を超える一方、未就学児/小学生世帯、中高生のみの世帯では3万円を下回っており、子育て・教育費の家計への負担が読み取れる結果となった。また、女性会社員のお小遣いは33,502円(前年比966円減少)だった。

男性会社員の一日の平均昼食代は587円(前年比14円減少)で前年と同水準。30代・40代が600円を超える一方、昨年最も多かった20代が174円減少し528円となった。女性会社員は674円で、前年とほぼ同水準だった。さらに男性会社員の1回の飲み代は5,102円と、自宅で飲む人の2,734円より2,000円以上高い結果に。1ヶ月の平均飲み回数は2.3回と前年とほぼ同じで、1ヶ月の飲み代を算出したところ、前年比50円増の11,765円となった。女性会社員の1回の飲み代は3,915円、自宅で飲む人は2,450円となった。

2014年4月に消費税率が8%に引き上げられ、2年が経過したものの、男性会社員では負担に感じている層が74.4%、女性会社員では82.5%と、負担感は昨年に続いて高い水準となった。昨年に続いて、物価の上昇が家計を圧迫することを背景に、さらに厳しいお財布事情が明らかになる結果となった。

おすすめ記事