港区の分譲マンションにお住まいだったNさんは、豊洲のタワーマンションを購入して住み替えることに。「不動産の購入は運とタイミング」と語るNさんに、その背景を伺いました。

■プロフィール
名前・性別 Nさん 男性
年代(購入時) 50代前半
職業・業種 事業開発・自動車整備団体
雇用形態・年収 正社員・600~800万(年収600万+家賃収入200万)
家族構成 本人
勤務地・通勤時間 東京都港区・40分
社会人歴・転職回数 28年・3回
勤務先の社歴(ローン実行時) 18年
■購入物件情報
物件所在地 東京都江東区
アクセス 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅(ゆりかもめ「新豊洲」駅) 10分
物件種別・間取り 新築マンション・2LDK
購入価格
頭金
3,990万円
なし
住宅ローン 全期間固定金利型(【フラット35】S)9割+変動金利(半年型)1割
住宅ローン 返済額
返済期間
月9.8万円(ボーナス払いあり・約20万円)
35年
引越し前の所在地 東京都港区
購入前の家賃・間取り なし 2LDK

Nさん後編はこちら>>

<前編>

10年前に新築マンションを購入

今から10年以上前、私は40歳でした。当時、マイホーム購入にさほど積極的だった訳ではないのですが、年齢的に「住宅ローンを組むならそろそろかな」という思いが片隅にありました。
そんな時、JR品川駅からバスで10分ほどのエリアで新築マンションのモデルルームを見かけたんです。浜松町の職場に近く、運河が間近な環境に加え、2,820万円と手頃な価格が気に入りました。向かいにも同じ不動産会社が手掛けるマンションがあったので、両方申し込むことに。向かいのマンションは大規模マンションで共用施設が充実していましたし、高層階も魅力だったのですが、抽選で落選。もう一方は先着順で契約できたので、購入を決めました。

 

一度目の住宅ローンはメガバンクで

住宅ローンは、メインバンクとして愛用していた都市銀行にお願いしました。当時の私は、仕事で自動車ローンの担当をしていたので、利息の計算は得意! どんなローンをどのように組めば利息の支払いを減らせるのか、すぐに計算することができました。その結果、1年固定で契約。毎年更新することを前提としていましたが、手続きがおっくうだったため、以後は2年固定で支払っていました。現在は金利がとても低いので、変動で返済しています。

バルコニーからは丸の内や晴海の高層ビル群を眺めることができる。「幅が2メートルくらいあるのでゆったり。前居でも使っていたテーブルセットを置いてもゆとりがあります。」
バルコニーからは丸の内や晴海の高層ビル群を眺めることができる。「幅が2メートルくらいあるのでゆったり。前居でも使っていたテーブルセットを置いてもゆとりがあります」

マンションの買い替えを検討

高層ビル群と運河を臨む夜景がとてもきれいで、住み心地はとても良かったのですが、大規模マンションが林立する周辺物件の中では、全200戸程度でも規模が小さめ。共用施設が最低限しかないことに少し不満を感じながらも、10年ほど暮らしました。
頭の片隅に「もっと高層階の大規模マンションで暮らしたい」という思いがあり、新築マンションのチラシが入ると、たまに足を運んでいました。5年ほど前には、有明のマンションを見学したこともありましたね。その際は買い替えを考えていたのですが、「一旦仮住まいをしなければならないこと」が購入時の条件にあり、仮住まいをせずに引っ越しをしたかった自分としては、その点がネックになり、契約には至りませんでした。

入ってすぐ目に入る玄関ホールは、前居で愛用していたインテリアを飾りながらもシンプルな空間に。「靴などの消臭効果も兼ねてカーボンを花器に挿しています」。
入ってすぐ目に入る玄関ホールは、前居で愛用していたインテリアを飾りながらもシンプルな空間に。「靴などの消臭効果も兼ねてカーボンを花器に挿しています」

眺望の優れた大規模マンションに惹かれて

現在暮らしている新築マンションは、チラシが入っていたことをきっかけに購入しました。40階を超える大規模な建物で、珍しい外観のフォルムにまず惹かれましたね。当時暮らしていたマンションの眺望を気に入っていたので、引っ越すなら湾岸地域で水辺を間近に感じながら暮らしたいと思っていたんです。ここなら住む場所によって、レインボーブリッジやゲートブリッジ、都心の高層ビル群などそれぞれに眺望を楽しめるとの話を聞き、引き込まれました。階や位置によって景色が全く異なるので、どんな景色が見えるのか、目の前に高い建物が建つ予定はないかなど確認して、希望する部屋を選びました。

Yの字を描き 3 方向に翼を広げたような“トライスターデザイン”の外観。「購入当時、この形の外観は日本で3つしかないと聞きました」。高層ビルを眺めたいと、スカイツリー®に面した方角の物件を選んだそう。
Yの字を描き 3 方向に翼を広げたような“トライスターデザイン”の外観。「購入当時、この形の外観は日本で3つしかないと聞きました」。高層ビルを眺めたいと、東京スカイツリー®に面した方角の物件を選んだそう。

決め手はオリンピック!?

建物内にコンビニエンスストアが入っていて、ゲストルームやプール、ジムなど共用施設が充実していることもポイントでした。また、消費税がもうすぐ8%になるタイミングでしたので、「5%のうちに」という想いもありました。
最終的な決め手は、「東京オリンピックの開催」です。私は昭和39年のオリンピックイヤー生まれで、オリンピックが大好き。実は購入当時、東京への招致は確定してなかったのですが、すぐ近くにアリーナや選手村などができる予定と知り「このエリアに住みたい」と思いました。無事に招致が決まって良かったです(笑)。
私は常々、「不動産の購入は運とタイミング」だと思っています。前居もそうでしたが、今回も早々に、購入の決断をしました。

キッチンに置いた熱帯魚は、前居から連れてきたそう。「引っ越し業社が、生き物はトラックに乗せられないとのこと。自分の車の助手席に乗せて運びました。水が漏れたり、魚が飛び出しそうになったり大変でした」。
キッチンに置いた熱帯魚は、前居から連れてきたそう。「引っ越し業社が、生き物はトラックに乗せられないとのこと。自分の車の助手席に乗せて運びました。水が漏れたり、魚が飛び出しそうになったり大変でした」

Nさん後編はこちら>>

●カンタンな質問でおススメ物件診断

おすすめ記事