清水の舞台から飛び下りる決意で購入した我が家。マイホームを手に入れられたのは嬉しいけれども同時に膨大な額の住宅ローンを背負い込む人がほとんどですよね。その返済はもちろんローンを組んだ時に綿密な計画をたてるものですが、それでも悩みや不安は尽きないものでしょう。
そこで今回は、住宅ローン返済に関して悩んでいることはあるのか、また特に強く意識する点はどんなところか、100人にアンケートを実施しました。

【質問】

今借りている住宅ローンの返済について悩んでいることはありますか?

【回答数】

はい:67
いいえ:33

 

金利、支出増、収入減など不定要素がある返済プランは不安

悩みがあると回答した人は約7割に上りました。

・子どもが成長するにつれて出費が増え、住宅ローンの支払いが厳しくなってくること。(30代/男性/会社員)
・このままのペースだと定年退職後にもローンが残るので払いきれるか心配です。(40代/男性/会社員)
・変動金利だから、金利が上がった時が怖い。できれば、早めに全部を返済するか、固定にしたい。(30代/女性/公務員)
・住宅ローンの契約時の金利は先延ばしタイプでしたので、今の支払金額になって少し後悔しています。(40代/男性/自由業・フリーランス)
・ボーナスで多めに返済するよう設定しているのですが、ボーナスが少ない時が不安です。(30代/女性/会社員)

悩みの主な原因としては「金利の変動」や子どもの成長による「支出の増加」、「ボーナス返済の有無」など不安定な要素に関するものが多いようです。また定年後も支払うようなタイプだと収入が大幅に減るのに返せるのかという不安もありました。毎月一定の額にしたいと考える一方で最初は少なかったり、ボーナスをあてにするなど返済額に変動があったり、毎月の収入と支出を読み切れていなかったりする人は不安が大きくなる傾向がありそうです。

その他、「収入」、「利息」、「売却」についてなどのお悩みの声が挙がりました。

・仕事がこれからも安定するとは限らないので、返済し続けられるか不安です。(40代/男性/自営業(個人事業主))
・妻が働いておらず、収入源が自分1人のため、生活していけるか不安だから。(30代/男性/会社員)
・頭金をあまり入れることができなかったので、毎月の返済額がとても家計の負担になっていることです。(20代/女性/専業主婦)
・ほとんどが利息の返済で元金の返済が減っていないということです。(40代/女性/専業主婦)
・将来、ローンを返済したところで、それを売却した時にかなり価値が下がってしまうこと。(30代/男性/会社員)

 

計画的な返済のため住宅ローンの支出は問題ない

一方で悩んでないと回答した方も約3割いらっしゃいました。

・今借りている住宅ローンの返済は、一応計画的に返済をしているので、特に悩んでいることはありません。(30代/男性/会社員)
・住宅ローンは組んでいるが、別に月々支払いをすればいいだけなので問題ない。(30代/男性/会社員)
・自分たちが借りられる額のローンを組んだので今のところ順調に返済できているから。(20代/女性/会社員)
・ずっと支払いが安定するという安心感があるので悩みはありません。いつか繰り上げ返済をしたいと思うくらいかな。(30代/女性/会社員)

不安がないと回答した人は計画的に返済をできている、借りられる範囲で返済に困らない程度のプランを組んでいるという回答が目立っていました。自分の収入に応じた無理のない計画にしたり、一定の金額にしておけば不安はかなり減らせるようです。賃貸で引っ越すごとに家賃が変わったり、敷金や礼金の支払いが出たりするよりも、無理のない範囲で家を買うならばローンの方が安定して支出額も読めるのかもしれませんね。

 

問題や支払いは先送りせず、自分が必ず返せる範囲でローンを組む

アンケートでは不安を持つ人は自分の収入や支出、そして返済額が安定しないなどローンながら不確定要素を多く盛り込んでいることが浮かび上がってきました。最初の返済は少ない金利で後に支払いが増えるなど見切り発車でローンを組んでしまった人は、将来的な収入増をあてにしているきらいもあるようです。逆に悩みがないと回答した方は一定の金額の支出で家計が予測しやすくなる、返済は自分たちの今の収入で十分できるプランにしたなど、出来る限り不確定要素を排除していることが伺えます。
住宅ローンは長い付き合いになるだけに見積もりを厳密に行い、トラブルが起きても返済できるようにした方が精神衛生上良いのかもしれませんね。

アンケート実施概要
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20歳~49歳の男女(住宅購入経験者)
■調査期間:2016年02月02日~2016年02月16日
■有効回答数:100サンプル
●住宅ローン情報

おすすめ記事