「誰でも気軽に不動産の相場をチェックできるサービス《HowMa(ハウマ)》」を運営するコラビットは、同サイトで気になっている中古物件について、「相場と比べて高いのか安いのか」「安かったとしても何か落とし穴がないか」「見落としているポイントはないか」などを、物件のWEBページURLを入力するだけで自動チェックできるサービス『中古物件チェッカー』の提供を開始した(https://www.how-ma.com/checker)。

このサービスでは、気になる物件が「相場価格と比べて高いか安いか」が確認できる。全国の戸建て・マンションの売買相場価格が出せるHowMaの推定エンジンを活用し、その中古物件の価格を相場と比較することができるのだ。

さらに、注意しておきたい「重要な見落としがないかのチェック」も確認できる。物件の資産価値に大きな影響を及ぼす項目でも、一般の購入検討者には分からないことがたくさんある。「買おうとしている中古物件の土地の権利が特殊」だったり、「買ったあと建て直しができない土地である」など、重要な項目を分かりやすくチェックしてくれる。

また、念のために確認しておきたい「気になる項目のチェック」も可能。物件を購入する際、税金問題などの多岐にわたる情報を事前に把握するのは大変だ。「この広さだと住宅ローンの控除が受けられない」「建築制限のある地域である」など、気になるポイントを分かりやすく教えてくれる内容となっている。

チェックの方法も簡単で、気になる物件のWEBページURLをコピーして貼り付けるだけ。自動でチェックすることができる。さらに今後は、チェックできる不動産ポータルサイトは順次増えていく予定だ。また、気に入った中古物件についてさらに詳しく検討したい場合は、物件をHowMaのマイページに登録すれば、賃貸と比べていつごろお得になるかなどのシミュレーションも行うことができる。

おすすめ記事