全国に店舗を展開するワタベウェディングは、これから結婚の予定がある20~30代の男女400名を対象に、ふたりで住む新居の意向についてのアンケート結果を発表した。

まずは「新居で“自分の意見を一番通したい場所”」について一つ選んでもらったところ、男性は「リビング・ダイニング」、女性は「キッチン」がそれぞれ1位となった。年代別で見ると、20代は30代に比べて「バス・洗面所」を選ぶ回答が多く、30代は20代に比べて「寝室」を選ぶ回答が多く集まった。

また、「ふたりの新居で一番新調したいもの」について聞いたところ、1位は「ソファ、カーテン、カーペット、クッションなどのインテリア」となった。2位は「ベッド・寝具一式」、3位は「冷蔵庫・炊飯器・ポットなどのキッチン家電」、4位は「テーブル、椅子などのダイニングインテリア」と続いた。男女別で見ると、男性は女性と比べて「ダイニングインテリア」を新調したいという人が2.5%多く、女性は男性に比べて「ベッド・寝具一式」が3.5%、「冷蔵庫などのキッチン家電」も3.5%ほど意向が高い結果になった。

次に「十分吟味し、こだわって新調を検討したいもの」について3つ選び、その理由を答えてもらったっところ、1位は「ソファ、カーテン、カーペット、クッションなどのインテリア」となり、「色」「デザイン」「長く使えるもの」「部屋の雰囲気と合わせる」などをこだわりポイントに上げた人が多かった。2位は「テーブル、椅子などのダイニングインテリア」で、その理由は、「ふたりで落ち着く場所だから」「毎日使う物にはこだわりたい」などが上げられた。3位は「ベッド・寝具一式」で、理由は「ふたりで使うものだし、最初に購入しないと買う機会がなさそうだから」などの意見が上がった。

ワタベウェディングでは、全国の店舗に新規挙式相談で来店したカップル先着1,000組に、資本業務提携契約をしている「ベルメゾン」のお買い物券2,000円分をプレゼントするキャンペーンを実施(2016年3月1日~31日)する。

【調査概要】
□回答者:20代男性100名、20代女性100名、30代男性100名、30代女性100名
□調査期間:2015年12月5日~8日

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"