東京都内における「住宅ローンの平均借入額」を4つの物件種類別(新築マンション、新築戸建て、中古マンション、中古戸建て)に調査したシリーズ。3週目となる今回は、”中古マンション”購入者の平均借入額をエリア別に見ていきます。調査結果に新築マンションとの違いはあるのでしょうか?

中古マンション購入時の借入額トップのエリアは「港区」

東京都(23区26市1郡)の中での借入額トップは、新築マンションの場合と同じく港区でした。新築マンションの平均借入額が5,137万円だったのに対して、中古マンションの場合は4,124万円と1,000万円も安い金額になっています。住宅を購入する際、予算の都合でエリアが限られるケースもありますが、中古マンションは他の種類の住宅よりも金額が低いため、好きな街を選べる自由度は高いのかもしれません。その傾向がこの後のランキングに見られます。

知名度の高い街を含むエリアが、中古マンションでは上位を占める

2位の江東区3,962万円から3位の渋谷区3,870万円、6位の中央区3,582万円、10位の品川区3,145万円など、ビジネス街に近く、交通アクセスの良いエリアが上位に集中しています。また5位以下の第二郡には、5位の目黒区3,766万円、7位の杉並区3,365万円、8位の世田谷区3,317万円、9位の三鷹市3,289万円など、高級住宅地を含むエリアがランクイン。住環境が整っているため、中古物件の販売価格が高く、ローンの借入額も比例して高くなっているようです。

他エリアとは違う!? 武蔵野市の中古マンション事情

 

中古マンションの平均借入額で4位になった武蔵野市3,828万円。新築マンションでは3,193万円だったため、中古マンションの方が高いという逆転現象が起きています。住みたい街で常に人気の吉祥寺駅付近には既に多くの物件が建てられており、近年、新築で作られている武蔵野市のマンションの多くは武蔵境などの郊外エリアで、比較的手頃な価格で売り出されているものが多いためかもしれません。立地条件の良い物件は人気が高く、中古であっても値段が下がらないため、郊外の新築物件よりも高くなることがあるようです。

中古マンションの購入者は価格の縛りが少ない分、多くの人が憧れるようなネームバリューの高い街を選ぶことができます。長く住み続けるマイホームなので、自分が住みたい街を選ぶことは重要です。ライフスタイルに合わせた住環境を手に入れるために、最適な住宅購入計画を立てていきましょう。

調査概要(ARUHI調べ)
・対象:東京都在住の、20~49歳の男女(自宅の居住用として住宅を購入された方を対象)
・調査期間:2010年6月~2015年11月
・回答サンプル数:1,643サンプル
・調査データ:当社で住宅ローンの申し込み(借り入れ)を行った方の成約データより
●住宅ローン情報

おすすめ記事