Nさんは、限られた予算の中で理想の立地も、デザインも、間取りも叶えるために、「中古物件のリノベーション」を選択しました。その経緯と現在のお住まいについて伺いました。

■プロフィール
名前・性別 Nさん 男性
年代(購入時) 30代後半
職業・業種 営業・自動車販売
雇用形態・年収 正社員・400~600万
家族構成 夫婦+子ども2人
勤務地・通勤時間 東京都目黒区・1時間
社会人歴・転職回数 7年・1回
勤務先の社歴(ローン実行時) 4年
■購入物件情報
物件所在地 神奈川県川崎市
アクセス JR南武線「武蔵中原」駅 10分
物件種別・間取り 中古マンション・3LDK→2LDK
購入価格
頭金
1,900万円(別途リノベーション代800万円)
0円
住宅ローン 変動金利(半年型)
住宅ローン 返済額
返済期間
月5万8000円(管理費などが月2万3000円(ボーナス払いなし)
35年
引越し前の所在地 神奈川県川崎市
購入前の家賃・間取り 9万円 2DK

Nさんの前編はこちら>>

<後編>

―――中古マンションを購入し、建築設計事務所にリノベーションを依頼したNさん。コストを抑えながらも、家づくりを楽しんでいるようです。

プロの仕事に感心!

建築設計事務所の方にリノベーションをお願いしたのは、一つひとつ丁寧に対応してくれて、真面目さがにじみ出ていたから。実際にプランの作成~施工に至るまで、その印象は変わりませんでした。工務店が施工している最中には頻繁に足を運んでくれましたし、お薦めしてくれた工務店の方もとても丁寧な仕事をしてくれました。2ヶ月程度の工期中に3回ほど現地まで足を運びましたが、フローリングを1枚ずつチェックし、質の悪いものを弾いている姿を見て感心! 素人にはどれもきれいに見えるのですが(笑)。皆さんの志が高いのだろうなと思いました。
ちなみに、建築家さんとも工務店の方ともSNSで繋がっていますので、アフターケアも万全です(笑)。

マイホーム購入後、月々の支払いがラクに

ローンは物件を購入した会社にお願いをして、都市銀行で組みました。書類の数が多くて「何枚書かせるんだ……」と思ったことが印象に残っていますが、審査自体はあっさりと通りました。修繕積立金や管理費などを含めても、購入前の家賃よりも安い返済額で済み、助かっています。
実はこの直後に起業をしたんです。まだ実績のない会社を始めたばかりのタイミングだったとしたら、スムーズにローンを組むことができなかったかもしれませんね。

鍋パーティやクリスマスパーティなど、友達や親戚を招くことも多いリビング。上部に見える照明は夫人が北欧家具店で購入したそう。

居室ごとに工事予算を算出し、納得のリノベを実現

リノベーションの費用は現金で支払うと決めていたため、予算を超えないよう調整をする必要がありました。工務店に工事金額の見積もりを出してもらう際、通常は解体工事がいくら、木工事がいくらというように工事種別で計算するそうです。しかし、今回は建築設計事務所の計らいで、居室ごとに計算をしてもらいました。金額を掛けるところと掛けないところの優先順位を明らかにしつつ、後から追加工事で対応できる箇所は今回手を付けないことで、予算内でのリノベーションができました。

夫婦でも、ファミリーでも快適に暮らせる家に

新居は75平米程度。リビングに隣接する和室をなくし、独立していたキッチンを対面式にして、ワンルームのような一体感のあるLDKに。料理をしながら家族と会話ができればと思ってお願いしました。引っ越して半年ほどで子どもが生まれましたので、寝かせながら家事などができて便利です。
壁一面オープン棚を設けたり、寝室を移動棚や可働間仕切りで仕切ったりと、様々なプランを考えて貰ったのですが、予算内に収めるために最低限の工事にとどめました。
廊下~LDに掛けて、パインの無垢フローリングを敷設。実家が桜の無垢フローリングを採用していて、無垢フローリングの良さは知っていましたし、ここは妥協せずに頑張りました(笑)。

洗面所はコストを抑えるため、シンプルな天板の上に洗面ボウルを設置してもらうだけにとどめた。下部はオープンにして既製品のボックスなどで収納。大きな鏡はNさん自身が購入して取り付けている。
洗面所はコストを抑えるため、シンプルな天板の上に洗面ボウルを設置してもらうだけにとどめた。下部はオープンにして既製品のボックスなどで収納。大きな鏡はNさん自身が購入して取り付けている。

中古物件購入後は設備のチェックをすべし

失敗したのは、中古マンションを購入してから2週間くらいで給水タンクが壊れてしまい、最初から壊れていたのかが分からなかったこと。リフォームをする予定だったのでチェックを怠っていたのですが、始めから気づいていればもう少し金額交渉ができたかもしれないと思いました。
また、予算との兼ね合いで全室手を入れることができず、洋間2つは工事を見送りました。子どもが生まれて収納量も不足気味なので、いつか追加工事が出来たらいいなと思います。DIYで必要な場所ごとに収納を作るなど、自分たちでも手を加えながら、住み心地を高めています。

【編集部のオススメ記事】
<中古物件×リフォーム・リノベーション>
・世田谷区の中古戸建てをリフォーム再生したTさん
・リノベーション済みの中古マンションを購入したIさん
・川崎市の中古マンションをリノベーションしたNさん

<都心×注文住宅>
・二世帯住宅の自宅を売却、住み替えを決断したKさん

<都心×マンション>
・品川区の中古マンションを購入。都心生活を満喫するUさん

<郊外×新築マンション>
・相模原市で2度目の新築マンションを購入したSさん
・資金も物件選びもすべて計画的。さいたま市のMさん

<郊外×新築戸建て>
・公務員宿舎から引っ越して新築建売を購入したNさん
・子育てを重視しつくば市で注文住宅を建てたMさん

カンタンな質問でおススメ物件診断

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"