住宅リフォームや修繕など、家に関する困ったことを定額メニューで比較検討することができ、さらに簡単に近所の信頼できる施工業者に依頼もできるプラットフォーム『リフォマ』(リフォームマーケットの略)を、ローカルワークスが2月2日にリリースした。

rifoma660

住宅リフォームや修繕の業界は、約7兆円の巨大市場でありながら、他業界に比べてインターネット化が遅れている。また、消費者と企業の情報格差が大きく、購買の意思決定に必要な情報が不足しているという課題がある。さらに、下請けや孫請け仕事が大半を占める多重流通構造で、非効率な集客手法が主流となっている。

こうした課題を受け、『リフォマ』では、信頼できる地場の施工業者、職人の情報をデータベース化し、サイト上で公開。また、作業内容を標準化し、各社の提供施工サービスを「定額化」して価格情報を提供する。これにより、ユーザーが依頼したい作業ごとの価格をサイト上で簡単にシミュレーションすることができ、地域の施工店の比較もできるようになる。

ユーザーにとっては、豊富な施工サービスがサイト上に揃っており、またサイト上で施工店による価格比較ができるので、見積もりの取得も簡単に行えて便利になる。リフォーム会社側のメリットとしては、唯一の定額リフォーム販売プラットフォームであり、月額1万円~と安価で利用できるのも魅力。さらに予算感のあった見込み客のみ紹介するため、効率的な営業活動が可能となる。

施工市場は、蛇口の修理から家のリノベーションまで多彩な施工ニーズがあるが、現状では大手の施工会社が高額なリフォームをターゲットとしているため、少額の修理作業などのニーズに応えきれていない。こうした細やかなニーズに応えられることがこのサービスの特徴である。さらに中小零細企業とユーザーを直接結びつけるので、中間マージンをカットできる利点もある。今後は、参加施工企業の業種業態の幅を広げ、さらに多様なユーザーのニーズに応えていくことを目指している。

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事