住宅・不動産サイトを運営するオウチーノ総研が、同社の「O-uccino」新築サイトへのアクセス数をもとに、「2015年、人気の高かった市区町村ランキング[新築マンション・新築一戸建て/首都圏編]」を作成した。この中で、新築マンションと新築一戸建て、それぞれのランキングをまとめている。

まずは新築マンション編について。第1位は東京オリンピックに向けて開発が進む「東京都中央区」。下町風情を残す勝どきや月島、大商業地帯の日本橋や銀座、八重洲の再開発が行われており、オリンピック後も人気は続きそうだ。住宅はマンション供給が中心で、月島、勝どき、八丁堀などで多く供給されており、昨年2位からランクアップした。
第2位は国会議事堂や官公庁、オフィス街が広がる「東京都千代田区」。居住エリアは限られるため、人口は23区で最も少ないが、年々増加を続けている。名門公立小・中学校が多く、皇居や日比谷公園など自然が豊富なのも魅力だ。
第3位は新橋や青山、六本木などがある「東京都港区」。居住エリアは麻布、白金台などが有名。特に田町駅前は大型再開発で注目が集まっている。
第4位は「東京都世田谷区」、第5位は「東京都台東区」と続いた。

次に新築一戸建て編について。第1位に輝いたのは、3年連続で「東京都世田谷区」。成城や奥沢、二子玉川などの高級住宅地や下北沢、三軒茶屋のイメージが強いが、庶民的な街も多く、23区中最多人口を誇る。
第2位は閑静な住宅地が多い「東京都文京区」。東京大学、お茶の水大学などの教育機関や病院も揃い、安定した人気を誇るが、供給数が少なく相場は高めだ。
第3位は昨年10位圏外からランクインした「東京都江東区」。五輪に向けインフラ整備が進む湾岸エリアを中心に人気が高まり、築地市場が豊洲に移転するなど話題性も高い。
新築マンション編の上位10エリアがすべて東京23区だったのに対し、新築一戸建て編では「埼玉県さいたま市浦和区」、「埼玉県和光市」、「千葉県船橋市」、「神奈川県鎌倉市」がランクイン。なかでも第7位の「埼玉県さいたま市浦和区」にある浦和駅は昨年3月に上野東京ラインが開通。東京、新橋などのオフィス街にも直通で40分以内と時間が大幅に短縮され、利便性の高いエリアとなっている。

ランキングの詳しい内容については【http://www.o-uccino.jp/article/archive/machi/20160125-souken/

■調査概要
□調査方法 「O-uccino」新築サイトの、各市区町村ページのアクセス数が多い順にランク付けした
□調査期間 2015年1月1日~2015年12月31日

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"