この記事は、約1分で読めます

実際の「ご近所付き合い」を、どのように行っているかについての調査「ご近所付き合いに関する意識調査」の結果が公表された。調査を行ったのは、引っ越し料金の見積もり・予約サイト「ズバット引越し比較」を運営するウェブクルー。全国3,691人対象に、インターネットでのアンケートを実施した。

03webcrew660

「ご近所の方をどの程度知っていますか?」という質問には、「家族構成を知っている人がいる」と答えた人は全体の42.0%、「顔や名前を知っている程度の人がいる」という人は46.6%、「全く知らない(顔も名前も知らない)」と答えた人は11.4%となった。ただし、世帯構成によって大きな差があり、単身世帯の場合は35.0%が、ご近所さんを「全く知らない」という結果になった。

次に「ご近所付き合いについてどうお考えですか?」よいうの質問には全体の50.9%、つまり2人に1人が「どちらかといえば苦手」と回答。ご近所付き合いが「とても得意」「どちらかといえば得意」と答えた人は25.7%だった。また、「ご近所の方とは、どの程度の付き合いがベストだと思いますか」という質問には、「あいさつをする」が44.2%と最も多く、「立ち話をする」が25.3%が続き、深い付き合いを望んでいる人は少ないことが分かる。

「ご近所との関係性を良好に保つために、気をつけていることを教えてください」という問いには、「あいさつをする」という回答が78.4%と最も多く、続いて「ゴミ出しなど決められた居住ルールを守る」が67.8%だった。また、ご近所さんと関係性が良好であると答えた人の約9割が「あいさつをする」ことが大切だと考えているようだ。

「ご近所付き合いは必要だと思いますか?」という質問には全体の69.6%が「必要だと思う」と回答。世代でも異なり、60代以上では81.0%の人が必要だと感じている結果に。またご近所付き合いが必要な理由については、「災害時など緊急時に助け合うため」「防犯のため」という回答が多く見られた。

このほか、サイトでは「ご近所さんに助けられた」エピソードなども紹介。調査結果の詳しい内容についても、「ズバット引越し比較」【http://www.zba.jp/hikkoshi/】で紹介している。

■調査概要
□調査対象:ウェブクルーリサーチ会員
□有効回答数:3,691
□調査方法:インターネットリサーチ
□調査期間:2015年12月21日(月)~2015年12月23日(水)

ニュース参照元:PR TIMES

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"