この記事は、約1分で読めます

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社は、2015年の収益(投資用)不動産の市場動向をまとめたレポートを公開した。これは同サイトに登録された物件と、メールで問い合わせのあった物件の市場動向をまとめたもので、定期的に調査している。

区分マンションについては、投資物件投資利回りと価格において、ともに2005年の調査開始以来の記録を更新した。利回りは下降基調が続き、8.24%(前年比-0.89ポイント)と過去最低。価格も上昇基調が続き、過去最高値の1,419万円(前年比+18.5%)を記録し、底だった2011年比では+67.7%(+573万円)の大幅上昇となった。

一棟アパートについての登録物件投資利回りは下降基調が続き、2008年以来の最低値となる9.44%(前年比-0.79ポイント)を記録した。価格は2012年を底に上昇基調が続き5,639万円。前年比+13.3%(+660万円)と上昇幅はさらに拡大している。

最後に一棟マンションについて。登録物件投資利回りは、2007年以来最低値の8.55%(前年比-0.47ポイント)を記録。価格は2012年を底に上昇基調が続き、1億4,990万円を記録。上昇幅も前年比+6.5%(+914万円)と過去最大値を更新した。

詳細レポートについてはHPを参照
http://www.kenbiya.com/img/press/pre2016-01-07.pdf

ニュース参照元:ValuePress!

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"