この記事は1分で読めます

銀座の数寄屋橋交差点に東急不動産が建設中の「(仮)銀座5丁目プロジェクト」の施設名称が『東急プラザ銀座』に決定し、開業は2016年3月31日(木)となることが発表された。

日本の商業や文化をリードする街、銀座エリアで最大級の商業施設となる「東急プラザ銀座」の開発コンセプトは、「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」。時代を超えて受け継がれた品格と、最先端のトレンドを独自の感覚で取り入れるフロンティア・スピリットが息づく街「銀座」の、“銀座らしさ”に磨きをかけようと掲げたコンセプトが「Creative Japan」で、キーワードには「伝統と革新」を上げている。

建物外観は、日本の伝統工芸である「江戸切子」をモチーフにしたデザイン。地下5階、地上11階からなる全13フロアの施設内には、高い格式と最新のトレンドを備えた銀座ならではのブランドをはじめ、上質で多彩なファッション、雑貨、レストランなど、「伝統と革新」を体験・体感できる125店舗が出店する。

地下1・2階は、雑貨やテイクアウト・イートインに利用できるバラエティ豊かなマルシェ。1・2階は、銀座にふさわしい上質で多彩なブランドのグローバル旗艦店が集結。銀座に新たなブランドストリートが誕生する。3~5階には、本物志向の大人に向けた、洗練されたファッションアイテムが集結。6・7階は、世界に誇る日本の“本物”に出会えるフロアとなり、ファッションや雑貨が揃う。8・9階は都内最大の市中空港型免税店、10・11階は、日本の豊かな食文化を堪能できるレストランゾーンとなっている。

6階と屋上部分には、来街者がパブリックに使用できるスペースを設置し、銀座の街に「都市の広場=プラザ」を創出。「KIRIKO LOUNGE(キリコラウンジ)」では、渋谷の複合文化施設Bunkamuraと連携した文化イベントを定期的に開催し、音楽や伝統芸能、アートなど多彩なジャンルの文化芸術を発信していく予定だ。

多くの人が行き交う数寄屋橋交差点側にメインエントランスを設置し、地下2階は東京メトロ銀座駅コンコースと直結、建物地下には駐車場も完備するなど、アクセス環境も抜群。施設周辺環境の整備にも取り組むなど、銀座の新たなランドマークとなることが期待されている。また「東急プラザ銀座が」、東急プラザのフラッグシップとして、最新のライフスタイルを提案していくことを目指している。

東急プラザ銀座の詳しい情報はこちら。http://ginza.tokyu-plaza.com

ニュース参照元:PR TIMES

おすすめ記事