この記事は1分で読めます

ベンチャー企業のCBcloudが、軽貨物を利用した単身引っ越しサービス「軽town引っ越しマッチング」を2016年2月2日より開始する。これは、単身の引っ越し希望者と軽貨物のフリードライバーをマッチングするサービス。依頼者が「軽townアプリ」へ入力した希望情報をフリードライバー(軽townサイトで現在募集中)に一斉送信することで、簡単に最適のマッチングを行うことができる。価格が5,000円からの単身引っ越しサービス、さらに引っ越しにおけるベンチャー企業の取り組みは、今回が初めての試みとなる。

依頼者が引っ越しの日時や行き先、荷物量等の簡単な情報を入力すると、全国のフリードライバーから配送料金の提示が行われる(最低提示料金5,000円)。依頼者はその価格やドライバーの評価を比較しながら選定を行うことができる。ドライバーと直接料金の交渉をすることも可能だ。配送料金についてはドライバーの選定完了後にコンビニから入金を行う。

このサービスでは、配送完了後に依頼者とドライバーがお互いの評価を行う、評価システムを導入している。過去の評価や料金を見ることで理想的なドライバーを選択しやすい上、利用者とドライバーともに評価されるため、両者の質の向上にもつながる画期的なサービスだ。ドライバーはお互いの評価が終わった後、運営会社に振込依頼を申請し、金額を引き出すことができる。

帰り便や空き時間を活用することで、より効率的な運行を目指しているドライバーは多く、依頼者の要望とドライバーの要望をマッチングさせることで、単身引っ越しの価格帯が下がることが期待される。また、日本全国の単身世帯総数が増加傾向にあり、単身引っ越しの需要が増加している中で、軽貨物を使用した引っ越しの需要は今後、増えていくと思われる。

詳しくは「軽town引っ越しマッチング」サイトへ。http://www.kei-town.com/

ニュース参照元:PR TIMES

おすすめ記事