この記事は、約1分で読めます

「MUJI×UR団地リノべーションプロジェクト」は、都市再生機構(UR都市機構)とMUJI HOUSEが首都圏や中部、西日本で展開してきたプロジェクト。新たに京都と福岡での募集が決定し、全国25団地・29プランの展開で、2016年1月30日(土)から全国一斉に申込受付を開始する。

「日本の暮らし」のスタンダードを追求してきたUR都市機構と、無印良品で知られる良品計画の中で住空間事業を担っているMUJI HOUSEが連携し、新たな賃貸リノベーションのスタンダードを発信すべく立ち上げたのが「MUJI×UR団地リノべーションプロジェクト」だ。団地の持つ、古きよき歴史を活かしつつ、多くの人に長く心地よく住みつないでもらえるよう、「こわしすぎず、つくりすぎない」をコンセプトに取り組んでいる。

今年で4年目になるこのプロジェクトは、WEB上で展開するコラムなどを通しての利用者とのコミュニケーションを踏まえ、団地のさまざまな可能性を活かして、これまでにない新しい暮らし方を賃貸住宅で実現しようとする試みだ。団地の住空間の素晴らしさを再認識してもらいつつ、日本の暮らしの新たなスタンダードになることを目指している。

『MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト』サイト http://www.muji.net/ie/mujiur/

ニュース参照元:PR TIMES

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事