パナソニックが1995年に発売を開始した、独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」が、2015年11月20日(金)に、全国累計販売棟数5万棟を達成した。

同社は、阪神・淡路大震災が起きた1995年に、従来の在来木造工法に鉄の強さを取り入れた独自開発の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を発売。地域のビルダーが取り組みやすい耐震工法として、全国のテクノストラクチャー加盟店を通じて供給してきた。2階建以下の木造住宅ではほとんど実施されていない邸別構造計算を全棟に実施し、耐震性を高める「テクノストラクチャー」は、2011年の東日本大震災以降も販売棟数を伸ばし、2015年11月に累計販売棟数が5万棟に達した。さらに、20周年を迎えた2015年7月には、スマートウェルネス住宅を発売。これは、「テクノストラクチャー」が目指す住まいづくり、「未来にずっと続く住まいを~ロング&スマート テクノストラクチャーの家~」をコンセプトに掲げ、それを具現化した住宅商品だ。

「テクノストラクチャ-」は、先進的で、安心・健康に暮らすことに配慮し、長くその価値が続く住まいを目指して、木造住宅工法や技術を開発。「非住宅」や「都市部」などの新たな需要の取り組みにも注力している。また、国土交通大臣の認定を取得した「耐火構造」への対応開始や、「幅狭耐力壁」の発売など、新たなニーズに応える商品や技術を提供し、さらなる飛躍を目指している。

テクノストラクチャーについてはホームページへ。http://panasonic.co.jp/es/pestst/

ニュース参照元:PR TIMES

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事
"