公共交通機関で通勤・通学をしている人にとって欠かせない「定期券」。数ヶ月おきに購入している人が多いと思いますが、多くの鉄道会社でクレジットカード購入が可能なことをご存知でしょうか。定期券をクレジットカードで購入するメリットや購入時のポイントを解説します。

クレジットカードで定期券を購入するメリット

多くの鉄道会社が、定期券の券売機または窓口での購入時にクレジットカードで購入することができます。鉄道会社によっては、スマートフォンなどの端末から購入することも可能です。クレジットカードで定期券を購入することにより、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ポイントなどが貯まる
クレジットカードの多くが、購入金額に応じてポイントやマイルなどを獲得できます。通勤や通学に欠かせない定期券の購入は、必要不可欠かつ定期的な出費のひとつです。特に、会社員の方は会社から交通費が支給されるので、実質無料でポイントやマイルを獲得できます。定期券が高額であるほど、得ることができるポイントやマイルも増えます。ポイントで買い物をしたり、電子マネーや商品券、景品などに交換したりと、用途に合わせて利用できます。
なお、PayPayなどのQRコード決済による定期券の購入は今のところ、対応していない鉄道会社がほとんどです。

手元に現金がなくても購入できる
クレジットカードがあれば、手元にまとまった現金がなくても定期券を購入できます。金融機関やコンビニなどのATMへ足を運ぶ手間が省けますし、購入時に口座残高が心もとなくても、クレジットカード決済の後、引き落とし日までに口座へ入金すれば間に合います。また、支払いは一括払いが原則ですが、後から分割払いに変更できるカード会社もあります。利用するクレジットカードがどのような支払方法に対応しているのか、事前に調べておきましょう。

クレジットカードで定期券を購入するポイント

数ヶ月分まとめて購入がお得
定期券は1ヶ月ごとに購入するよりも、まとめて購入した方が割安です。一度に半年分などまとまった金額を支払うことが負担だと感じる人もいると思いますが、後から分割払いにした場合、分割手数料を加味しても長期の定期を購入した方がお得なケースが多いようです。事前にシミュレーションし、お得に定期券を購入しましょう。

払い戻しの際はご注意を
クレジットカードで定期券を購入した場合、万が一原鋳物師が必要になった際は、クレジットカード会社を経由しての返金となります。返金分を現金化するには時間がかかることを覚えておきましょう。

定期券の購入は、交通費のなかでも金額が大きい固定費です。クレジットカードでポイントを獲得しながら、少しでもお得に購入したいところではないでしょうか。ポイントの還元率や分割手数料などを確認のうえ、自分に合ったクレジットカードと支払方法を選びましょう。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事