除湿機を使用する際、どこに置けば効果的なのか悩んだことはありませんか。除湿機を使用するときは、実際の状況を考慮することが大切です。この記事では、除湿機の効果的な置き場所について解説します。シーン別に除湿機の設置場所を考察するので、状況にあわせて参考にしてください。

除湿機の活躍の場は幅広い

除湿機は、工夫次第で幅広く活用できる便利な家電です。まずは、除湿機の基本的な使い方やメリットを確認しましょう。

オールシーズン使うことが可能

除湿機を使用すれば、室内にたまっている余計な湿気を簡単に取り除けます。梅雨や秋の長雨の時期に、除湿機を利用している人も多いでしょう。

除湿機は、ほかにもさまざまなシーンで活用できます。たとえば、冬の結露を防止したり、洗濯物を室内干しする際に湿気を取ったりできます。工夫によっては、除湿機はオールシーズンいつでも活躍させることが可能です。

持ち運べることが利点

除湿機はコンパクトなので、持ち運びできます。そのため、状況に応じて必要な場所で使用できます。エアコンにも除湿機能がついている機種がありますが、除湿機のように持ち運びはできません。

除湿機が1台あれば、カビが生えやすい押し入れや靴箱、浴室などに運んで使用できます。時期にあわせて使用する場所を変えられるため、除湿能力を最大限に有効活用できます。

除湿機はどこに置くべき?

除湿機はどこに置くとより効果を発揮できるのでしょうか。ここでは、シーン別に除湿機の置き場について解説します。

リビングや寝室は部屋の中央

除湿機の基本の置き方は、部屋の中央です。リビングや寝室などで除湿機を使用する場合、部屋全体の湿気を除去したいという人が多いでしょう。除湿機を部屋の中央に配置すれば、どの場所からもほぼ均等な距離になり、まんべんなく除湿できます。

また、除湿機の効果を高めるには、吸気口や排気口がふさがれないようにする必要があります。部屋の中央に配置すれば、壁や家具などで吸気口と排気口がふさがれる心配がありません。

室内干しの場合は洗濯物の下

室内干しのときは洗濯物の真下に置く
室内干しのときは洗濯物の真下に置く(画像素材:PIXTA)

除湿機は、洗濯物を室内干しするときにも活用できます。生乾きが心配な洗濯物の水分をよりスピーディに取り除けます。

除湿機を洗濯物の真下に配置し、風向きは真上に設定しましょう。なぜなら、重力によって、洗濯物の水分は下のほうにたまるからです。下から除湿機の風をしっかり当てると、洗濯物が乾きやすくなります。

低い位置に洗濯物を干す際も、除湿機から出る風が直接洗濯物に当たるようにすることが大切です。風向きや配置を工夫し、洗濯物がスムーズに乾くようにしましょう。

押し入れ・靴箱などの近く

靴箱は湿気がたまりやすい場所
靴箱は湿気がたまりやすい場所(画像素材:PIXTA)

家の中で特に湿気がたまりやすい場所としては、押し入れや靴箱などがあげられます。湿気がたまると、カビが発生する恐れもあるため注意が必要です。押し入れや靴箱などでも除湿機を活用すれば、カビの原因になる湿気を効果的に除去できます。

除湿機を置く際は、除湿機の吹出口から出る風が、押し入れや靴箱などの中にしっかり当たるようにすることが大切です。配置を調整し、押し入れや靴箱などにたまっている湿気をしっかり取り除きましょう。

浴室・脱衣所

浴室や脱衣所も、特に湿気がたまりやすい場所です。ただし、浴室に直接除湿機を置くと、水がかかって漏電するリスクがあります。最悪の場合、感電や火災の原因にもなるため、注意が必要です。

浴室の湿気を取るために除湿機を活用したい場合は、浴室の中ではなく脱衣所で稼働させましょう。浴室の扉を開けて、除湿機の風が中に入るようにすれば、十分に除湿できます。加えて、浴室と脱衣所の両方をまとめて除湿することも可能です。

エアコンや空気清浄機と併用する場合

夏場に除湿機だけを稼働させると、室温が上がって不快になる可能性があります。その場合は、除湿機をエアコンと併用しましょう。除湿機とエアコンを同時に使用しても、特に問題はありません。

ただし、併用するうえでは風向きに注意が必要です。それぞれの家電から出る風がぶつからないよう、風向きをうまく調整しながら配置しましょう。

除湿機を設置できない場所

なかには、除湿機を設置できない場所もあります。ここでは、除湿機をどのような場所に置いてはいけないのか具体的に解説します。

不安定な場所や高い場所

除湿機は安定している場所に設置することが大切です。不安定な場所に除湿機を設置すると、除湿機が転倒する恐れがあります。また、高い場所に設置していると、落下して人に当たるリスクがあります。

除湿機のタンクには、除去した水が貯まります。そのため、除湿機が倒れると、家財が水に濡れる可能性があります。周囲の家電に水がかかれば漏電や感電が発生しかねず、最悪の場合は火災につながるかもしれません。

また、不安定な場所に除湿機を置いていると、振動や騒音の原因にもなります。

カーテンなどで吸入口・吹出口がふさがれる場所

カーテンが除湿機の吸入口・吹出口をふさいでしまうことも
カーテンが除湿機の吸入口・吹出口をふさいでしまうことも(画像素材:PIXTA)

除湿機は、壁や周囲の家具などからしっかり離して設置してください。壁や周囲の家具と近すぎる場所に設置すると、吸入口や吹出口がふさがれる恐れがあります。その場合、除湿機の効果を最大限に得るのが難しくなります。誤作動や故障につながるリスクもあるため、気をつけなければなりません。

壁から離して設置しているつもりでも、カーテンにより吸入口や吹出口がふさがれてしまう場合もあります。周囲の状況をよく確認し、問題がない場所に除湿機を設置しましょう。

水がかかりやすい場所

すでに触れたとおり、除湿機は水がかかりやすい場所には設置しないようにしましょう。除湿機は家電なので、水がかかると故障や漏電、感電のリスクがあります。漏電に気づかず放置した場合、火災が発生する可能性もあります。

浴室はもちろん、水回りの近くで除湿機を使用したい場合は特に注意が必要です。除湿機に貯まる水が漏れても漏電や感電のリスクがあるため、しっかり管理しながら稼働させましょう。

まとめ

除湿機はさまざまなシーンで使用でき、室内の環境をよりよく整えるために役立ちます。除湿機の機能を最大限に発揮させるには、設置場所を工夫することが大切です。置いてはいけない場所もあるため、誤った使い方をしないように気をつけましょう。除湿機を有効活用し、ぜひ生活の質を向上させてください。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事