家事にかける時間をなるべく短くしたいと思っている人は少なくないでしょう。家事は、アイデア次第で効率化できる可能性があります。

今回は、料理、洗濯、掃除にかかる時間を短縮するためにはどうしたらいいか解説します。家事の時短や効率化のアイデアを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【料理編】家事の時短・効率化アイデア

家族の食事を毎日用意するには手間がかかります。料理の時短や効率化を実現できれば、毎日の準備がラクになるでしょう。ここでは、料理を時短・効率化するアイデアについて、具体的に紹介します。

1週間分の献立を考える

料理の時短や効率化を実現するためには、あらかじめ献立を1週間分考えたうえで準備するのがおすすめです。一度に献立を考えておけば、食材の買い出しもまとめて行えます。毎日スーパーへ足を運ぶ必要がなくなり、時短になるでしょう。1週間分の献立を提案してくれる献立アプリも活用すれば、スムーズに食事の準備ができます。

休日にまとめて下ごしらえする

まとめ買いした食材は、休日に下ごしらえを済ませておくといいでしょう。平日は何かと忙しいものですが、食材の下ごしらえが済んでいれば調理の手間が省けてラクになります。

下ごしらえした食材はパックに入れて冷凍保存しておきましょう。冷蔵保存よりも日持ちするため、1週間分をまとめて下ごしらえしても最後まで美味しく食べられます。

時短レシピで料理をする

短時間で簡単に料理ができるレシピを活用すると、手間をかけずに食事の準備ができます。時短レシピのレパートリーがいくつかあれば、忙しいときにも便利です。短時間で簡単に作れる料理なら、メイン料理にもう1品加えたい場合にも役に立ちます。

また、必ずしもすべてを手作りする必要はありません。缶詰、レトルト、冷凍食品、市販の調味料なども上手に活用し、料理の時短を目指しましょう。

人数分よりも多めに作る

料理を作るときは、人数分よりもあえて多めに作るのがおすすめです。余った料理を冷蔵保存や冷凍保存しておけば、後日改めて調理しなくても簡単に食事を済ませられます。短時間でできる簡単なアレンジを加え、一味違った美味しさを楽しむのも一つの方法です。たとえば、カレーをコロッケに使用したり、筑前煮の具をチャーハンに入れたりする方法があります。

ワンプレート料理にする

朝食やランチを簡単に済ませたいなら、ワンプレート料理にするといいでしょう。1枚の皿に複数の料理を盛り付けるだけで、栄養バランスが整った食事ができます。見た目もおしゃれになり、食事を楽しめるのもポイントです。ワンプレート料理なら洗い物が皿1枚で済むため、後片づけにも時間がかかりません。

調理用の家電や圧力鍋を使う

料理の時短や効率化に役立つ調理用の家電も多く販売されています。短時間で簡単においしい料理ができあがるため、人気です。たとえば、オーブンレンジ、フードプロセッサー、スマートフライパン、自動調理鍋などさまざまな種類があります。

また、高温や高圧で調理できる圧力鍋があると、本来は調理に時間がかかる煮込み料理も短時間で完成します。

【洗濯編】家事の時短・効率化アイデア

家事のなかでは洗濯にも手間がかかります。家族の人数が多いと特に手間がかかるため、なるべく簡単に済ませるには工夫が必要です。ここでは、洗濯の時短・効率化アイデアを紹介します。

タイマー機能を使って寝ている間に洗濯する

効率的に洗濯するには、洗濯機のタイマー機能を使うと便利です。タイマー機能がついている洗濯機なら、寝ている間に洗濯を済ませられます。起きる時間に洗濯が終わるように設定しておくと、朝は干すだけで洗濯に必要な作業が完了します。

なお、夜間の電気代が安いプランを利用している場合、夜間に洗濯すれば電気代も安く抑えることが可能です。

ドラム式洗濯乾燥機に買い替える

洗濯を干す手間を減らすには、ドラム式洗濯乾燥機を使うのがおすすめです。天候を気にせずいつでも洗濯できます。ドラム式洗濯乾燥機は縦型洗濯機よりも乾燥時間が短く、洗濯から乾燥までを短時間で終わらせられます。

以前は、ドラム式洗濯乾燥機は洗濯に時間がかかるといわれていましたが、最新の機種なら洗濯もスピーディです。

計量不要な洗濯洗剤を使う

計量が必要ない洗濯洗剤を選べば、洗剤を入れる際にかかる手間も削減できます。ジェルタイプの洗剤は必要な数を洗濯機に入れるだけで済むので、とてもラクです。液や粉の洗剤とは違い、詰め替える際にこぼす心配もありません。ジェルタイプの洗剤のなかには柔軟剤入りのものもあるため、柔軟剤を入れる手間も省くことが可能です。

洗濯物をたたまずに収納する

洗濯物をたたむ作業には意外と時間や手間がかかります。そのため、なるべくたたまずに収納する工夫をするのがおすすめです。たとえば、ハンガーで干した洗濯物は、そのままクローゼットにかけて収納するとたたむ手間がかかりません。シワになりにくい衣類は、たたまずそのまま収納するのも一つの方法です。

【掃除編】家事の時短・効率化アイデア

掃除にかかる時間を短くし、効率化するにはさまざまな工夫が必要です。日頃の心がけを大切にすれば、掃除にかかる手間を削減できます。ここでは、掃除の時短や効率化のアイデアを紹介します。

こまめに掃除をする

掃除の手間を省くには、こまめに掃除することが大切です。隙間時間を活用して掃除すれば、改めて時間を割かなくてもきれいな部屋を保てます。掃除用具をそれぞれの場所に配置し、気が付いたときにすぐ掃除できるようにしておきましょう。

たとえば、水回りにクロスを常備しておけば、水がはねたときにすぐ拭き取ることが可能です。また、手に取りやすい場所にモップを用意しておくと、ほこりに気づいた際にサッと掃除ができます。

できるだけモノを置かない

掃除の手間を減らすには、モノをなるべく置かないこともポイントです。床や棚にたくさんモノがあると、邪魔になって掃除がしにくくなります。

たとえば、風呂場なら、シャンプーやボディソープなどは吊り下げて収納しましょう。掃除のときに邪魔にならないだけでなく、カビの発生も防げます。汚れがたまりにくくなるため、掃除がラクになります。

ハンディクリーナーやお掃除ロボットを使う

ハンディクリーナーを使用すると、コンセントを差したり抜いたりする手間がないため気軽に掃除できます。特に、コンパクトタイプを選べば部屋に置きっぱなしにしても気になりにくく、掃除の際に改めて用意する手間がかかりません。

また、自動で掃除ができるお掃除ロボットも便利です。外出先から操作できるタイプなら、家を空けている間に掃除を済ませられます。

水回りのコーティングをする

キッチン、風呂、トイレなどの水回りにコーティングを施しておくと、カビや水垢などの付着を防止できます。たとえ汚れがついても落ちやすいため、掃除がラクになります。

コーティングは種類が豊富です。たとえば、フッ素コーティング、シリコンコーティング、ガラスコーティングなどがあります。それぞれ特徴や耐久性が異なるため、自宅に適しているものを選びましょう。

まとめ

料理、洗濯、掃除などの家事には手間がかかりますが、工夫すれば時短や効率化を実現できます。ちょっとした心がけや事前の準備で大幅に手間を削減できる場合も多いため、できることから取り入れていくといいでしょう。今回ご紹介したアイデアを参考にし、家事の時短・効率化にぜひ取り組んでみてください。

(最終更新日:2022.03.10)
※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事