2022年1月17日からゆうちょ銀行が、硬貨の預け入れや払い戻しなどのサービスに関する料金を改定。ATMを利用する際は、硬貨1枚から手数料が発生することになりました。

ゆうちょ銀行の硬貨入金手数料は?

ゆうちょ銀行の硬貨入金手数料
出典:ゆうちょ銀行「ATM 硬貨預払料金の新設・ATM での硬貨取扱時間帯の変更

ゆうちょ銀行では、2022年1月17日から、硬貨で預け入れや振り込みをする際、枚数に応じた手数料がかかるようになりました。硬貨の種類に関わらず、ATMで預け入れをする場合、硬貨1枚から手数料が発生します。手数料は、1枚から25枚までが110円、26枚から50枚までが220円、51枚から100枚までが330円です。(ATMで1回の預け入れにつき、最大100 枚までの取り扱いとなります)。手数料より預け入れ金額が少ない場合は、取引ができません。

なお、窓口では50枚までは無料ですが、51枚から100枚までは550円、101枚から500枚までは825円、501枚から1000枚までは1,100円の手数料が必要となり、1,001枚以降は500枚増えるごとに550円が加算されます。

詳しくは、ゆうちょ銀行のHPをご確認ください。

大手銀行の硬貨入金手数料は?

大手銀行の硬貨入金手数料
三菱UFJ銀行「その他手数料」、みずほ銀行「大量硬貨取扱手数料の新設について」、三井住友銀行「その他手数料」、りそな銀行「手数料情報」より筆者作成

他の大手金融機関は、硬貨の取り扱い手数料をどのように設定しているのでしょうか。上記の表は、各銀行の硬貨入金手数料です。いずれも無料で入金できる枚数には限りがあり、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行が100枚まで、三井住友銀行が300枚までの硬貨を無料で入金できます。

りそな銀行は、2021年10月1日に硬貨入金手数料を値上げしたばかり。他の銀行も、今後改定の可能性があります。小銭貯金をしている人など、大量の小銭を入金する機会のある場合は、各金融機関の硬貨入金手数料を確認のうえ、賢く利用しましょう。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事