秋から冬にかけては空気が乾きやすい季節です。エアコンや暖房器具を使用するようになると、室内はますます乾燥してしまいます。室内の乾燥は、喉の痛みや乾燥肌の原因になるだけでなく、インフルエンザなどのウイルスが蔓延しやすくなり、注意が必要です。

乾燥対策に有効な加湿器は、置き場所や使い方によって効果に差が生じます。ここでは、加湿器のベストな置き場所を多角的に検証します。

結露の予防から考える加湿器を置く位置

加湿器は、使い方や置き場所によっては結露を発生させてしまいます。結露は放置しておくとカビの原因にもなり、室内環境に悪影響を及ぼすおそれもあり注意が必要です。

窓の近くを避ける

空気中に含むことのできる水蒸気の量は、温度が高くなるほど多くなります。逆に、温度が下がると少なくなるため、含みきれなくなった水蒸気は液体の水となります。結露は、室内の「水蒸気を含んだ空気」が冷たい窓などにあたって急に冷やされ、水滴を生じる現象です。

冷たい外気と直接触れている窓は、室内で最も結露を発生させやすい場所といえます。冬になると窓がびしょびしょに濡れて、窓枠や床、カーテンにまで湿気が及んでいることもあるでしょう。放置すると、湿気により窓枠や床なども劣化します。
実際にPanasonicの公式サイトよくある質問には、次のように記載されています。

・窓際などから離れた、温度変化の影響を受けない場所が理想的です。
※加湿機の場合、加湿された空気は上向きに吹き出します。そのため、エアコンの風に乗せて加湿すると効果的です。また、エアコンをつけていない場合は、部屋の中心に置くのも良いでしょう。

引用元:Panasonic「【加湿機】置き場所(設置場所)について

窓を断熱効果の高い複層ガラスなどにすれば、結露を軽減することは可能ですが、断熱窓でも結露を完全に防げるわけではありません。加湿器の置き場所は、窓の近くを避けるのが鉄則です。

壁際を避ける

結露
加湿器が窓の結露を招くことも

窓だけでなく、壁に結露が発生する場合もあります。とくに、北側の壁は冷えやすく、冬は室内外の温度差が大きくなりやすいので注意が必要です。また、室内の間仕切壁も、暖房で暖められている部屋と、暖房をしていない部屋の壁は温度差が生じるため、結露が発生しやすくなります。

壁に家具などを置いている部屋では結露していても気づきにくいので、カビの繁殖を招くことがあります。このような事態を避けるためにも、壁際に加湿器を置くのは避けましょう。

直接床に置かない

暖房をしていると、部屋の上部は暖かいのに足元が寒く感じることがあります。これは、冷たい空気は下に溜まる性質があるからです。また、古い戸建て住宅などでは、床断熱の性能が低かったり、劣化していたりして地面や外気の冷えを遮断できないことも。このように、冷えた床に水蒸気を多く含んだ暖かい空気が流入すると、床が結露します。

また、冷えた床にセンサー付きの加湿器を置くと、低い気温に反応して加湿を止めてしまうことがあります。床の結露を防ぎ、室内の湿度を保持するために、加湿器は直接床に置かないようにしましょう。吹き出し口が床から30cm以上の高さになるような場所がおすすめです。

エアコンとの関係から考える、加湿器を置く位置

エアコン
加湿器とセットで使われることが多いエアコン

加湿器は、エアコンで暖房する際に併用することが多いでしょう。ここからは、エアコンを使用する場合に、加湿器をどこに置いたらよいのかについて検証します。

エアコンの暖気が直接当たらない場所に置く

最新の多機能タイプの加湿器は、室内の温度や湿度をセンサーが感知し、最適な湿度が保たれるように自動制御されています。こうした加湿器に、エアコンの暖気が直接当たると、実際の室温より高い温度を感知し、適正な湿度が維持されない可能性があります。加湿器はエアコンの暖気が当たらない場所に置きましょう。

加湿した空気をエアコンの風が運んでくれる位置に置く

エアコンと加湿器を併用する場合は、エアコンの温風の通り道に加湿器を置くのが最適です。エアコンの風が加湿した空気を遠くまで運んでくれるからです。ただし、エアコンに近すぎると、水蒸気がエアコン内部に入り込んでカビや故障の原因になります。

エアコンを止めると室温が下がり、湿度が上がりますから、エアコンを止めた際には加湿器も止めるのを忘れないように注意しましょう。

他のものとの関係から考える、加湿器を置く位置

加湿器が吐き出す水蒸気が他のものに悪影響を及ぼすことがあります。どのようなものに、どのような影響を与えるのかについて説明します。

家電の近くは避ける

加湿器を、電化製品の近くに置くのは避けましょう。とくに、テレビやオーディオ、パソコンなどの精密機器の近くは厳禁です。最新の精密機器は消費電力が抑えられるようになっており、昔ほど使用中も熱くなることがありません。このため、室温が下がったときに機器内部で結露を起こすことがあり、これが誤作動や故障の原因になります。オフィスなどでも、コピー機の複合機に結露が起きることがあるので注意が必要です。

紙類の近くは避ける

紙類の近くで加湿器を使用すると、湿気により紙がふやけてしまいます。書類が積まれたデスク周りや本棚などの近くに加湿器を置くのは避けましょう。

また、衣類なども素材によっては湿気により傷みや劣化が生じます。カバンや靴など皮革製品にとっても湿気は大敵です。クローゼットやたんす、押し入れなどの近くにも、加湿器を置かないようにしましょう。

直射日光や暖房機の近くは避ける

たとえば、東芝の加湿器KA-J35DXの「取扱説明書」によると、直射日光があたるところや暖房機の近くに加湿器を置くと、タンク内の空気が膨張しお湯があふれてしまうと記載があります。

また、プラスチック部分も変形してしまう可能性があるので、直射日光があたるところや暖房機の近くに加湿器を置くのは避けましょう。

効率性から考える加湿器を置く位置

加湿器は、置き場所によって効果に差が生じます。効率的に室内の湿度を上げる加湿器の置き場所について考察します。

なるべく部屋の中央に置く

せっかく加湿器を使用するなら、部屋全体に加湿した空気を行き渡らせたいものです。そのためには、なるべく部屋の中央に近い位置に、加湿器を置くようにしましょう。部屋の中央部は暖まりやすい場所でもあるため、結露になりにくい場所でもあります。部屋の中央に置くのが難しい場合は、エアコンの温風通り道に置きましょう。

出入り口の近くは避ける

出入り口付近は室内の暖められた空気が逃げやすく、室温が低くなりやすい場所でもあります。このため、加湿器のセンサーが室温を実際より低く感知してしまう可能性もあるでしょう。また、水蒸気を含んだ暖かい空気が出入り口から寒い場所に逃げると、そこで結露になるかもしれません。室内の湿度を効率よく上げて、キープするには部屋の出入り口付近に加湿器を置かないことです。

換気扇の真下は避ける

出入り口と同様に、換気扇の真下も加湿器置き場として、適当ではありません。換気扇の近くも空気が冷えやすい場所であり、水蒸気を含む暖かい空気が換気扇により排出されてしまうからです。

寝室の加湿器を置く位置

寝室の加湿器
寝室の加湿器も置く位置が重要

寝室に加湿器を置いて、一晩中作動させている人もいるでしょう。寝室で加湿器を使用する際の注意点と、最適な置き場所について紹介します。

水蒸気を直接肌に当てない

寒い冬の夜は、エアコンの暖房をつけたままにして寝る人もいるでしょう。そうすると、朝起きたときに、のどの痛みやカサカサ肌など乾燥による症状に悩まされることになります。これらの症状を予防するには加湿器が有効です。ただし、水蒸気が直接肌に当たらないように注意しましょう。加湿器の水蒸気は、美容機器のスチーマーと違い肌の保湿効果は期待できません。

美容機器などのスチーマーの蒸気は、肌に浸透しやすいように超微細な粒子を作り出しています。微細化した蒸気で肌の奥まで水分を届けるのが美容用のスチーマーです。ただし、美容用スチーマーを使用した場合でも、肌に蒸気を当てた後は化粧水や乳液などを使って保湿しないと肌の乾燥を招くとされています。

寝るときは加湿器を止める

寝室で加湿器を使用する際も、基本的にはほかの部屋と同様に、なるべく部屋の中央付近、床から30cm以上高い位置に置くのが望ましいといえます。また、寝るときにエアコンの暖房を切る場合は、加湿器も止めましょう。暖房を切ると室温が下がるので、加湿器をつけたままにしておくと、空気中に含み切れなくなった水蒸気が窓や壁、床などで結露してしまいます。

まとめ

加湿器は冬の乾燥期を快適にしてくれる、便利なアイテムです。ただし、置き場所や使い方によっては十分な効果が得られません。また、加湿器の水蒸気が結露の原因になることもあります。加湿器を使う際は、最適な置き場や使い方に留意しましょう。

(最終更新日:2021.12.15)
※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事