公務員には「安定した収入が得られる」というイメージがありますが、実際にはどのくらいの給与が支給されているのでしょうか。民間企業の会社員と比較した場合、公務員の給与は高いのか安いのかといったことも気になりませんか。今回は、人事院や総務省のデータを参考に、公務員の生涯年収について解説します。

国家公務員の生涯年収はいくら?

国の機関で働く国家公務員は、中央官庁や裁判所で働く総合職、各省庁の出先機関で働く一般職、国税専門官や財務専門官などの専門職に分かれ、それぞれの職種に応じて俸給(給与)が決められます。

国家公務員の給与や勤務条件などは、国家公務員法第28条により、社会一般の情勢に適応するよう国会で随時変更できるとされています。この際に、国家公務員と民間企業従業員との給与水準が釣り合うよう、国会および内閣に勧告を行うのが人事院です。

人事院が発表した「令和2年国家公務員給与等実態調査の結果」によると、国家公務員全体の平均給与月額は416,203円(平均年齢42.9歳)となっています。この平均給与月額は、扶養手当や住居手当、地域手当、特別調整額などが含まれた金額です。また、同年の年間賞与には月額給与の4.5ヶ月分が支給されました。

同データ(第7表)から職種を一部抜粋し、大学卒の平均給与月額と推定される平均年収、平均年齢を43歳とした場合の平均生涯年収をまとめると、次のようになります。なお、平均年収は、月額給与に賞与4.5ヶ月分を含めた16.5(12ヶ月+4.5ヶ月分)を掛けた概算です。

出典:令和2年国家公務員給与等実態調査の結果|人事院

地方公務員の生涯年収は?

都道府県や市区町村で働く地方公務員の給与は、国家公務員とは違い、勤務先の自治体によって決められています。給与は一律ではなく、行政職や技術職、教師・警察官・消防官・医師など職種によって、また学歴によっても異なります。ここでは、地方公務員の平均的な生涯年収について、一般行政職とその他の職種に分けて紹介します。

大卒一般行政職の生涯年収

総務省が行った調査から、2020年の全地方公共団体における一般行政職の平均給与月額は 400,654円(平均年齢42.1歳)ということがわかりました。そのうち、大学卒は 401,331円(平均年齢40.3歳)という調査結果が出ています。なお、この金額は期末手当(ボーナス)や各種手当を含むものです。

同じ大学卒の一般行政職でも、都道府県や市町村、特別区(東京23区)、政令指定都市で平均給料月額は異なります。それぞれの平均月額給与と平均年齢、そこから推定される年収と生涯年収を以下にまとめました。

職種による年収の違い

地方公務員の給与は職種によっても違います。総務省の調査から一部を紹介しますと、2020年の全地方公共団体における職種別の平均基本給月額(扶養手当・地域手当含む)は次のようになっています。

職種によって差はあるものの、医師・歯科医師職や大学教育職などをのぞけば、概ね30~40万円ほどが平均的な給与月額です。国家公務員と同様に、地方公務員の給与も民間企業の給与を考慮して決めることされています(地方公務員法 第24条)。給与や期末手当(ボーナス)の月数、勤務条件などは自治体の条例で決められるため、全国一律ではありません。

出典:令和2年 地方公務員給与の実態|総務省

公務員の生涯年収は民間企業に比べて高い?

独立行政法人労働政策研究・研修機構のデータによると、民間企業で正社員として60歳まで働いた人の平均的な生涯年収は、大学・大学院卒の男性で2億7,210万円です。同じく大学卒で比較した場合、国家公務員や特別区・政令指定都市の一般行政職と同じくらいの水準といえます。

ただし、民間企業の場合は企業規模による給与の差があります。また、学歴や性別によっても給与に格差があることがほとんどです。大学・大学院卒の人、あるいは企業規模1,000人以上の会社で働く男性以外の人は、公務員よりも生涯年収が低くなる可能性があります。

出典:ユースフル労働統計―労働統計加工指標集―2020|独立行政法人労働政策研究・研修機構

公務員なら安定した生活が実現できる

公務員は、民間企業のように業績悪化などで給与が大幅に減額される心配がありません。犯罪行為などの問題をおこさないかぎりは免職(解雇)されることもなく、長く着実に働けば年齢に応じて段階的に昇給します。各種手当も充実しているため、安定した生活ができるでしょう。社会的信用度が高いことから、比較的有利な条件で住宅ローンの融資を受けられるという側面もあります。

休暇制度が整っていることも公務員のメリットの一つです。女性が産前産後休暇や育児休暇を当たり前にとれることはもちろん、男性の育児休暇も推進されています。特に、地方公務員の場合は県外・市外へ異動になる可能性が少ないため、子育てや介護などと仕事との両立をしやすいのが魅力です。

まとめ

大学卒公務員全体の平均的な生涯年収を比較すると、国家公務員で約2億3,830万円、地方公務員で約1億8,900万円と推定できます。職種や勤務地などで違いはあるものの、概ね2億円からそれ以上の生涯年収が期待できる計算です。

公務員の収入は景気に左右されることがありません。各種手当の支給もあり、安定した生活を送れる可能性が高い職業といえます。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事