マンションなどの集合住宅に住む人にとって、他の住戸に影響を及ぼすトラブルは避けたいもの。特に、水漏れは下の階の世帯に被害が及ぶなど、莫大な賠償責任を負うケースもあります。とはいえ、目に見えない配管をチェックすることはまず難しいでしょう。この記事では、マンションなどの集合住宅における水漏れトラブルについて解説します。

水漏れトラブルの種類

水漏れトラブルにはいくつか種類があります。そのなかでも代表的なものが、人為的なミスと配管故障です。それぞれのトラブルについて、代表的な事例を解説します。

洗濯中のホースのはずれ

洗濯機につないであるホースがはずれるのは、人為的なミスでとても多いトラブルです。洗濯機の置き台であるパンは、少量の水漏れには耐えうるものの、排水ホースがパンからはずれる、給水ホースが洗濯機からはずれるといった、大量の水があふれ出す状況には対応できません。パンに収まり切らない水は床に流れ出し、結果として床一面が水浸しになってしまいます。

パンを設置せず、床の上に直接洗濯機を置いている場合は、少量の水漏れでも床が腐食するケースもあり、注意が必要です。

トイレに異物を流して詰まらせた

トイレ詰まりはよくあるトラブル

水洗トイレは、水流で排出できるものを流すことが前提となっています。そのため、規定外の異物を流すと配管のどこかで詰まり、水があふれてしまいます。異物のなかでも多く見られるのは、おむつや生理用品などです。これらはプラスチックなどを原料として作られているため、水に溶けません。また、水を含んで膨張するという特徴もあり、配管が詰まるリスクは非常に高いと考えましょう。

「水に流せる」と表記のあるペットのトイレ砂なども、一度に流せる量には限度があります。表記を確認して流す量を守るよう心がけましょう。

配管からの水漏れ

劣化や破損などによる配管故障によって水漏れが発生することがあります。キッチン、トイレ、洗面所などの給水管や給湯管、排水管が老朽化していたり、接合部分がゆるんでいたり、またパッキン部分が劣化していたりなど「注意のしようがない」のが実情です。

一方、これらの配管や部品には耐用年数があり、それを超える前に交換や工事を行うことで水漏れを防げます。特に水道管が凍結しやすい時期や、大きな地震が発生した後などは意識して確認しましょう。

あっ水漏れだ! まずやるべきことは?

水漏れはどんな理由で起きたにせよ、早急な対処が必要です。一方、漏れている水の量や現場の状況によって緊急度は変わってくるため、どう対処するのかを適切に判断しましょう。

まずは自分で対処する

水は給水管の止水栓(元栓)を閉めれば止まります。どんなにパッキン部分から水が噴き出すような状況であっても、止水栓さえ閉めればもう水があふれてくることはありません。止水栓を閉めたらすべての蛇口を閉めます。この方法は緊急止水する必要がある場合に有効です。

それほど緊急度が高くなくても「水が漏れてどうしたらよいかわからない」というときにも役に立ちます。水が止まったら、バケツや雑巾などで処理しましょう。パニックにならず、冷静に行動することが大切です。

水道業者に連絡

水道業者は強い味方

止水栓を閉めた後の対処を自分で行うことが難しいケースもあります。水は止めたものの、いっさい水が使えないとなったら生活できません。その後の対処は水道業者に依頼すると確実です。たとえば、水道管の破裂などは、水道業者でなければ対処できません。

24時間対応が可能な業者、自宅から最も近い業者、マンションの提携業者など、事前に複数の業者をリストアップし、必要なときにすぐ連絡できるよう準備しておきましょう。

管理会社に連絡

賃貸住宅では、管理会社が水道業者と契約している場合があります。その場合は、管理会社に連絡すれば対応してもらえることがほとんどです。一般的に、管理会社は24時間、何らかの方法で連絡を取れるケースが多くなっています。電話番号を把握しておくことはもちろん、管理会社が運営するアプリをインストールしておくなどして万が一に備えることが大切です。

分譲マンションでも水漏れの程度や下の階への被害が想定される場合など、必要に応じて管理会社へ連絡を入れましょう。

下の階に連絡

水漏れは下の階にまで影響を与える可能性があります。「これくらい大丈夫だろう」と自己判断せずに、水漏れしたことを下の階の住人に連絡しましょう。水漏れの怖いところは、その瞬間は目に見えて被害がなくても、後で腐食が起きたり、階と階の間で何らかの不具合が起きたりすることです。後日、それらが発覚すると相手の心証を悪くするため、被害の有無にかかわらず報告することが大切です。

万が一、被害が発生していた場合は真摯に謝罪し、損害賠償について話し合う日時を決めましょう。最初の謝罪では、あれこれと言い訳をせずに、被害を与えた事実についてのみ謝ることが大切です。話し合いには菓子折りなどを持って出向くと、より謝罪の気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

管理者の責任となることも

水漏れは使用者ではなく、管理者側が責任を負うケースもあります。賃貸住宅の場合はオーナー、分譲マンションの場合は管理組合がそれに該当します。管理者側の責任となるのは以下のケースです。

共用部分の配管故障が原因のとき

共用部分の配管故障は管理者側の責任

共用部分の給水管、給湯管、排水管の劣化・故障が原因のときは管理者側の責任になります。使用者は共用部分の管理費や修繕費を支払っており、それを原資として管理者側が修理を行います。

だからといって「共用部分だから壊れていても気にしない」という考え方は問題です。修理が遅れると建物全体に影響を及ぼすこともあるため、異常に気づいたらすぐに管理者に連絡を入れましょう。

雨漏りが原因のとき

雨漏りは、屋上や壁の防水部分が破損して起こります。実際に水が漏れてくるのは使用者の部屋であっても、その責任は管理者側にあります。ただし、窓を開けっ放しにして大量の雨水が浸入した結果、下階への雨漏りに発展した場合は使用者の責任になります。

また、雨漏りが起きていることを知っているにもかかわらず長期間放置していた場合は、「なぜ早く連絡しなかったのか」という管理者側とのトラブルに発展する可能性があるため、注意しましょう。

マンション管理規約に規定があるとき

基本的に、共用部分の範囲はマンションの管理規約に準拠します。管理規約によっては、専有部分でも「スラブ(コンクリート床)下、下階天井裏に配管された雑排水枝管等は共用部分である」と明文化されている場合があり、これらの箇所における水漏れは管理者側の責任になります。

また「スラブ下の配管を共用部分である」とした最高裁判例もあります。事前に管理規約を読み、共用部分の範囲を確認しておきましょう。

水漏れの被害にあったら

水漏れは、加害者になる可能性があるのと同時に、被害者になる場合もあります。もし、被害者となった場合はどうすればよいのか、その際に取る行動を明確にしておきましょう。

管理会社・管理組合に連絡

水漏れの被害を発見した場合は、すぐに管理会社に連絡を入れましょう。この時点では、水漏れの原因を究明する必要はありません。それよりも水漏れを止めることのほうが重要です。水漏れが進行中で応急処置が必要な場合は、水道業者にも連絡を入れましょう。

分譲マンションの場合は、管理組合への報告も必要です。その際は、どのスペースのどの部分がどのような状態になっているのかを、わかりやすく伝えましょう。

家財を保護する

次に行うことは家財の保護です。特に家電製品は水に濡れると漏電することがあります。最悪の場合、火事に発展するおそれもあるため、すぐにプラグを抜きましょう。

家具などは移動するかブルーシートをかけるなどして水の被害から保護します。ブルーシートをかける場合は、落ちてきた水が飛び散らないよう、シートの上に使わない毛布などをかけておきましょう。

被害状況の証拠を残しておく

被害が生じた場合、後に損害賠償の話し合いが行われるケースも少なくありません。その際に必要となるのが被害状況の証拠です。写真、動画など、できるだけ状況が明確にわかるよう、撮影しておきましょう。

証拠写真を撮影する前にDIYなどで修繕すると、適切な損害賠償が受けられない可能性があります。写真や動画は、日時がわかる設定にしておくと、なおよいでしょう。

まとめ

水は生活に欠かせないライフラインであるとともに、扱い方によっては大きな損害をもたらす可能性もあります。日常的に点検を行い、加害者になることのないよう注意しましょう。水漏れは、必ずしも被害者になると限っているわけではありません。いつか自分が加害者になる可能性もあります。いざというときには慌てずに、相手の心証も考えて対処しましょう。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事