アルヒ株式会社(以下、ARUHI)が、ニューノーマル時代における新しい暮らし、新しい価値観に挑む人々を応援するショートフィルム『俺の海』を製作。2021年6月11日より、ARUHIの公式YouTubeチャンネル上で公開がスタートしました。昨年製作したショートフィルム『おたんじょうびおめでとう』に続き、米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (略称:SSFF & ASIA)」とコラボレーションし、映像化された本作。そのストーリーには、どのような思いが込められているのでしょうか。

ARUHI公式YouTubeチャンネル・ショートフィルムの視聴はこちら

海沿いの一軒家への移住を機に、絆を再確認する家族の物語

『俺の海』のあらすじ
都会の喧騒から離れ“海沿いの一軒家”に越してきた家族。漁師だった父親の影響で“海が嫌い”なはずの雄二(和田正人)は、あえてこの場所へやってきた。しかし、「仕事は上手くいくか?」「家族は都心を離れ後悔していないか?」と、その決断に自信を持てていない日々。
ある休日、高校生の息子・良太(髙橋大翔)から「話がある」と言われたことをきっかけに、雄二は、妻・明子(紺野まひる)の力を借りながら、自ら「海沿いの一軒家」への移住を決断した理由に向き合うのであった…。


ショートフィルム『俺の海』は、都会の喧騒から離れ、海沿いの一軒家に移住した家族の物語です。仕事に追われ家族との時間が持てない父親(雄二)、家に引きこもりがちだった息子(良太)が、引っ越し先である海沿いの一軒家での生活を通し、移住を決断した理由や、家族の絆を再確認していきます。

オンライン会議をしながら自宅で仕事を進める雄二は、家族と日々を過ごしながら「仕事は上手くいくのか?」「家族は都心を離れ後悔していないか?」と、その決断に自信を持てずにいます。
そんなとき、高校生の息子・良太から「話がある」と声を掛けられます。漁師だった父親の影響で海が嫌いなはずの雄二が、あえて海沿いの一軒家に引っ越しを決めたのはなぜなのか明らかになるとともに、移住後の生活が家族にもたらす変化も見どころです。

新しい暮らし、新しい価値観に挑む人々を応援する作品

新型コロナウイルス感染症の流行により、人々の暮らしや価値観が変化している今、ARUHIは住みたい街や家探しから引っ越し後の生活までワンストップサービスを提供する、総合的な「住み替えカンパニー」を目指しています。
そうしたなかで製作されたショートフィルム『俺の海』は、自分たちに合った暮らしを模索する家族を描くことで、「新しい暮らし、新しい価値観に挑む人々をサポートしたい」という、ARUHIの思いを表現しています。

ロケ地は静岡県牧之原市

『俺の海』の撮影は、静岡県牧之原市、駿河湾を臨むロケーションで行われました。静岡県といえば、2021年3月に「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021 in 静岡」が発表されたばかり。そして、「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)」の代表を務める俳優、別所哲也さんが生まれ育った県でもあります。
マリンスポーツが盛んに行われるエリアで撮影された作品とあって、冒頭から広大な海とサーフィンのシーンに目を奪われること間違いなし。サーフィンは息子の進路、父と息子のコミュニケーションにも大きく影響しており、物語のカギとなります。息子役の髙橋大翔さんのサーフィン姿も必見。解放感あふれる映像とストーリーにも注目してください。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021 in 静岡」のランキングはこちら

製作陣には若手クリエイターを起用。和田正人さんら実力派俳優が出演

左から和田正人さん、紺野まひるさん、髙橋大翔さん

『俺の海』の原作は、「第15回坊っちゃん文学賞ショートショート部門大賞」を受賞した塚田浩司さんが執筆しました。監督には『メイリンの決めたこと』でSSFF&ASIA2019に入選などの実績を持つ、1993年生まれの若手注目株・鯨岡弘識監督を起用しています。
主なキャストは、父親役が和田正人さん、母親役が紺野まひるさん、息子役が髙橋大翔さん。新しい環境に身を置き、家族のことや将来のことと向き合い、前向きに生きる姿を演じています。

作品概要
タイトル:俺の海
監督: 鯨岡弘識
原作:『俺の海』 (塚田浩司)
出演: 和田正人、紺野まひる、髙橋大翔 ほか

まとめ

昨年製作した『おたんじょうびおめでとう』に続く、SSFF & ASIAとARUHIのコラボレーション作品第2弾となったショートフィルム『俺の海』。ARUHIは、SSFF & ASIAとのコラボレーションを通し、「新しい暮らし、新しい価値観に挑む人々をサポートしたい」という思いを表現するとともに、これからも若手クリエイターの活動を応援していきます。

ショートフィルム『俺の海』を見る

ショートフィルム第1弾も公開中
短編小説公募プロジェクト「ARUHI アワード」の大賞作品を映像化した前作『おたんじょうびおめでとう』の詳細・視聴はこちら

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事