かつて、定年といえば60歳が一般的でしたが、2013年に「高年齢者雇用安定法」が改正されて以来、希望者は原則65歳まで働けるようになりました。とはいえ、50代の住宅購入は、働いているうちに住宅ローンをどれだけ返済できるのかが焦点となります。50代で住宅購入を決めた人は、どれだけの頭金を準備し、住宅購入金額や借入金額がどの程度なのか調査を行いました。

50代の3人に1人が、2,000万円以上の頭金を準備

ARUHI「住宅購入に関する調査2021」調査結果より

50代の住宅購入者と、住宅購入を予定している人に、「頭金」をどのくらい用意したか(用意しているか)調査をしたところ、「2,000万円以上」が32.3%を占めました。その一方で「頭金なし」の人も18.1%と2割近い結果に。間の金額は「100万円以上300万円未満」が11.8%、「300万円以上600万円未満」が11.0%、「600万円以上1,000万円未満」が12.6%、「1,000万円以上2,000万円未満」が8.7%と分散しています。
頭金を用意する人としない人の2極化がうかがえますが、頭金をしっかりと準備する派がやや優勢のようです。

親から資金援助を受けた人の金額は「100万円以上300万円未満」が最多

ARUHI「住宅購入に関する調査2021」調査結果より

用意した頭金のうち、親から資金援助を受けた金額を問うと「資金援助なし」が81.7%を占めました。資金援助を受けた人は少数派で、「50万円以上100万円未満」「100万円以上300万円未満」がともに4.8%でした。一方、3.8%の人が「2,000万円以上」の資金援助を受けていますが、多額の資金援助を受けている人の多くが親との同居や近居を目的とした住宅購入で、援助というよりは「お金を出し合う」という感覚に近いようです。

50代で住宅を購入した人の、住宅購入金額や借入金額は?

50代の住宅購入者の平均額と中央値

ARUHI「住宅購入に関する調査2021」調査結果より

50代で住宅を購入した人は、どのような条件で家を購入しているのでしょうか。
50代の人が購入した住宅にかかった金額は平均3,683.74万円(中央値3,000万円)。そのうち借入金額は、平均1,481.33万円(中央値750万円)、毎月の住宅ローン返済額は平均9万4,723円(中央値8万円)で、住宅ローンの借り入れ期間は平均22.78年(中央値25年)、完済予定期間は平均19.79年(中央値20年)でした。

年齢を重ねるごとに収入は増えている人が多いものの、住宅購入金額の平均は30代・40代・50代と大きく変わらず、より実態に近い数字と言われる中央値で見ると、30代をピークに減額傾向にあります。働いて収入を十分に得ているうちに返済を進めるために、無理のない金額で住宅を購入している様子がうかがえます。

50代で住宅を購入した人はどんな人?

50代で平均的な金額の住宅を購入した人は、どのような内訳で住宅を購入し、住宅ローンを借り入れているのでしょうか。

築50年を超え老朽化が激しくリフォームでは対応が難しいこと、旧耐震のため震災が発生したら命にかかわると感じたことから、建て替えを決めました。建物代の3,800万円のうち、2,800万円を住宅ローンで借り入れ。アルヒ株式会社の全期間固定金利タイプ【フラット35】を選択しました。毎月の返済額は9万円で、30年ローンを組みましたが、20年程度で完済する予定です。(岐阜県/50歳/男性/世帯年収700~800万円)

住んでいたマンションの老朽化にともない、築浅の中古マンションに住み替えました。購入価格は3,700万円で、そのうち2,000万円を住宅ローンで借り入れしました。金利の低さに惹かれ、普段からメインで利用しているメガバンクの変動金利タイプを選択。20年ローンで、毎月8万円を返済中ですが、別途完済できるだけの預貯金も備えています。(東京都/56歳/男性/世帯年収1,300~1,500万円)

結婚をして、今まで住んでいた家は夫婦2人で暮らすのに狭かったため、中古マンションを購入。住宅購入価格は3,000万円で、別途手数料などで200万円ほどかかっています。そのうち1,000万円を住宅ローンで借り入れしています。全期間固定金利タイプでありながら金利が低いことに惹かれ、メガバンクで契約しました。毎月の返済額は9万円で、10年ローンです。低金利で借り入れできましたので、ゆっくりと時間をかけて、8年ほどで完済予定です。(埼玉県/58歳/男性/世帯年収500~600万円)

まとめ

50代ともなると、世帯年収1,000万円以上の家庭が23.5%を占め、収入面では余裕があるように思えますが、仕事をリタイアするまでのカウントダウンが始まる年代でもあります。住宅ローンを限られた期間で完済するため、資金計画をしっかりと立てた上で、後悔のない住宅購入を実現したいものですね。

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象:住宅購入経験者(直近1年以内)・検討者(直近3年以内)の25~69歳の男女
調査期間:2021年3月17日~19日
有効回答数:800サンプル

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事