コロナ禍となって1年以上が経過しました。2020年のゴールデンウィークは緊急事態宣言の真っただ中で外出を自粛する人が多数を占めましたが、2021年のゴールデンウィークはどのように過ごす予定なのでしょうか。

ゴールデンウィークは「日常を離れてリフレッシュしたい」

株式会社マミーゴーが「ゴールデンウィークの過ごし方やおでかけ状況」に関する調査を実施。ゴールデンウィークに旅行と帰省ではどちらを優先したいか問うと、旅行が6割、帰省が4割という結果でした。

出典:株式会社マミーゴー「GWの過ごし⽅やおでかけ状況に関する主婦・ママアンケート」

理由をフリー回答で求めたところ、旅行の理由は様々であるのに対し、帰省は「祖父母に子どもを会わせたい」という声が大多数を占めました。また、どちらを選んだかに関わらず「日常を離れてリフレッシュしたい」という声が目立ちました。

出典:株式会社マミーゴー「GWの過ごし⽅やおでかけ状況に関する主婦・ママアンケート」

旅行や帰省をしたいものの、現実的には自宅や近所で過ごす見込み

ただし、現実的なゴールデンウィークの予定について複数回答で質問をすると「旅行」「帰省」ともに少数で、「自宅でゆっくりと過ごす」「近所の公園に行く」といった意見が上位を占めました。

出典:株式会社マミーゴー「GWの過ごし⽅やおでかけ状況に関する主婦・ママアンケート」

これはおでかけの範囲に関する回答とも連動しており、通常であれば遠方へのおでかけを考えがちな行楽シーズンですが、2021年は居住している都道府県内で近距離の外出を考える主婦・ママが全体の80%近くに上りました。

出典:株式会社マミーゴー「GWの過ごし⽅やおでかけ状況に関する主婦・ママアンケート」

ゴールデンウィーク中のレジャー予算は5万円未満と低予算の傾向

遠方への外出を控える要因としては、新型コロナウイルス用のワクチン接種がスムーズに進まず、都市部・地方での格差も激しいことを挙げる主婦・ママが多数でした。おでかけ・レジャーなどにおいて、何をすれば安心材料となるか問うと、約6割の人が「全国・自身の居住エリアで多数の人がワクチン接種を完了すること」と回答しています。

そして、この不安感が払拭されないことにより、遠方へのおでかけが難しく、ゴールデンウィーク中のレジャーなどにあてる予算は、9割近くの人が5万円未満と回答し、例年より低予算で過ごす傾向にあることが浮き彫りになりました。

出典:株式会社マミーゴー「GWの過ごし⽅やおでかけ状況に関する主婦・ママアンケート」

まとめ

まとまった休みがあれば、旅行や帰省をしたくなるのは当然のこと。しかし、未だコロナ禍とあって、2021年のゴールデンウィークは外出を自粛する予定の人が多いようです。自宅や近所でもリフレッシュできるように、今から計画を立ててみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
「GWの過ごし⽅やおでかけ状況に関する主婦・ママアンケート」
調査対象:ITマミー部の主婦・ママ107名
調査方法: WEBアンケート
実施期間: 2021年3月
実施機関:株式会社マミーゴー

ニュース提供元:@Press
情報提供元:株式会社マミーゴー

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事