「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」とは、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準を設定し、国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社の膨大なデータをもとに、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定したランキングです。
今回は2021年3月に実施した「本当に住みやすい街大賞2021 in 静岡」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021 in 静岡」結果発表ページはこちら>>

※審査基準の詳細はこちら>>

熱海ってどんな街?

日本有数の一大観光地で、保養地として栄えた熱海。熱海駅には東海道新幹線が停車し、東京駅へは約45分と近年はワーケーションの場所としても注目度が上昇中。ビーチや山、温泉などが身近にある環境で、普段の生活からリゾート気分に浸れる街です。

熱海市企画財政課の芹澤元一さんのお話とともに街の魅力を紹介します。

熱海市役所の芹澤元一さんにお話を聞きました

【芹澤さん】 熱海は一年を通じて温暖な気候と海や山に囲まれた自然環境、海を望む景観が魅力で、日常生活のなかでもほっとする時間が生まれます。静かで落ち着いた住宅環境が広がり、自治会活動などを通してご近所の顔が見える地域コミュニティも住みやすさの一つだと感じます。

【発展性:3.33点】駅前が整備され、街のにぎわいが増加

東京へ日帰りで往来できる地であるため、ワーケーションの場所としても注目度が高まっています。駅周辺は「熱海駅前広場整備事業」が2010年から2016年にかけて行われました。これにより一般車と公共交通の分離や歩行者空間の確保が実現し、利便性が向上。駅の利用者も増えたことで駅前広場や近隣商店街もにぎわいを見せています。

【芹澤さん】 熱海は交通網の発展とともに、国際観光温泉文化都市として、基幹産業である観光を中心とした街づくりを進めています。街がコンパクトにまとまっているので、飲食店やカフェ、スイーツ店などがにぎわい、街全体が家のような感覚ですね。

【住環境:3.16点】付近にはレジャースポットが豊富

駅から車で約6分の距離には「熱海サンビーチ」があり海が近い環境で、日帰りで温泉に入れるホテルや海上の釣り堀、ゴルフ場などのさまざまなレジャースポットがあります。地形上、傾斜の多い地域ではありますが、熱海親水公園、国際医療福祉大学熱海病院といった施設も駅周辺にコンパクトにまとまっていて、夏は涼しく冬は暖かいという自然条件にも恵まれています。駅には商業施設「ラスカ熱海」が併設されていて、スーパーやドラッグストア、飲食店など日常の買い物にも便利です。

駅前の「熱海駅前平和通り商店街」はアーケードがあり、雨の日でも濡れずに過ごせます

【芹澤さん】 週末や祝日には市内各所で観光イベントが開催されるほか、数多くの観光・文化施設などの観光資源が点在していて、市民や観光客でにぎわいます。また、市街地では市営温泉が整備されているエリアもあり、自宅で毎日温泉を楽しめますよ。

【交通の利便性:3.54点】東京駅へ約45分という好アクセスに注目

熱海駅は東海道新幹線の停車駅なので、東京駅まで約45分と首都圏への通勤も可能。在来線でも乗り換えなしでアクセスできるなど鉄道の利便性は高いといえます。また、JR伊東線や国道135号線を利用すれば、伊東市などの東伊豆地域への移動もしやすい立地です。

駅ビルにはスーパーやドラッグストアの入る商業施設「ラスカ熱海」が併設されています

【芹澤さん】 テレワークが進んで、月に数回の首都圏への出社など、新しい働き方にも適した場所です。坂が多いですが、駅のバスターミナルをハブとして市内各方面に路線バスが通っていて、生活や通勤通学の足となっています。

【コストパフォーマンス:2.65点】価格は高めだが、ほかにはない物件に出合えるチャンス

首都圏へのアクセス面や良好な自然環境もあって、人気が高く熱海駅から徒歩圏内の土地の地価は上昇傾向にあります。ただ、傾斜地ということもあって日当たりが良く、海に向かって眺望が開けているなどほかにはない特徴を持ったマンションや戸建ても多いので、検討してみる価値はあります。

【芹澤さん】 最近は不動産売買が活況で、戸建て、マンションともに需要は高まっています。リゾート型マンションが数多くあり、海が眺められる物件や、温泉が付いていたりする物件が人気です。駅北側の伊豆山地区は眺望の良い物件が多いですね。

【教育・文化環境:3.30点】海や山で体を動かして健康的に

海や山に近いため、自然に触れながら子どもがのびのび成長できる場所です。MOA美術館や熱海梅園などに駅から車で10分以内に行けるなど、文化施設も近接している環境。また、熱海市は熱海市民大学講座を開講していて、1つの講座を年間8回を開催。1講座から受講できるので興味のあるテーマのみの参加もできます。2021年度は、熱海の観光・文化や、現代ニュースを多角的に考える講座など多岐にわたるテーマで講座を開講予定です。

【芹澤さん】 熱海市では子育て中の親を対象に、「熱海親水公園」や「熱海サンビーチ」に近い一部の市営駐車場が1日1回4時間まで無料になる定期券を交付しています。対象となる市営駐車場は、海岸付近の公園や「マリンスパあたみ」といった子どもも楽しめるスポットの近くなので、家族で気軽に行きやすいですよ。

熱海のおすすめスポット:熱海温泉 熱海プリン

熱海で行列ができるほど人気のプリン店で、こだわりのプリンのほか、プリンのアイスなどを販売。プリンは一つひとつ手作業で作られ、素材の味を最大限引き出すため、余計な材料は使わずに仕上げています。年齢を問わず楽しめる逸品で、どこか懐かしい牛乳瓶のようなデザインも人気の秘訣です。

左から「風呂まーじゅプリン ベリーberry」、「風呂まーじゅプリン エスプレッソ」、「熱海プリン 特製カラメルシロップ付」、「熱海プリン だいだいソースと千年井田塩付」各380円(消費税込)
黄色い看板が目印。駅前の商店街からも近い、田原本町の交差点に店を構えています

熱海温泉 熱海プリン 
住所:静岡県熱海市田原本町3-14
営業時間:10:00〜18:00
定休日:不定休
公式ホームページ:http://atami-purin.com/
Twitter:@atamipurin
Facebook:@atamipurin
※2021年3月26日時点の情報です

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事